閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

筍と煮玉子のピリ辛つまみ
の写真

筍と煮玉子のピリ辛つまみ

旬の食材、定番メニューにひと工夫。
彩りも風味もワンランクアップ!

2011年03月01日

旬の筍を使った柔らかメンマと
からし煮玉子の黄金コンビ

春の食材といえばやっぱり筍。炊き込みごはんや煮物もおいしいけれど、シャキシャキの食感を生かしてメンマにしても美味!煮汁に豆板醤を加えたピリ辛メンマに、からし入りウスターソース漬けのスパイシーな煮玉子をあわせて一口サイズのおつまみを作ります。
筍にはいろいろ種類があるけれど、最もポピュラーなのは孟宗竹。小ぶりで太く、重みがあって真っ直ぐなもの、頭が黄色くて開いていないもの、皮にツヤのあるものを選ぶのがコツ。また、時間が経つにつれてえぐみが出るので、買ったらすぐに下ゆでしましょう。

材料(2人分)

  • 1本
  • 米のとぎ汁 適量
  • 鷹の爪 2本
  • ゆでたまご 4個
  • 150㏄
  • 醤油 小さじ4
  • みりん 大さじ1
  • 豆板醤 小さじ1/5
  • かつお節 3g
  • ウスターソース 100㏄
  • ねりからし 小さじ2
  • ごま油 小さじ1

手順1 煮玉子をつくる

手順1 煮玉子をつくる

ポリ袋にウスターソース、からし、殻をむいたたまごを入れて4~6時間漬けておく。

ウスターソースで失敗しらず!
煮玉子は醤油の代わりにウスターソースを使うと、味も決まりやすく、より簡単に作れます。ほんのりスパイシーな味わいになって、お酒との相性もGOOD。

手順2 ゆでる

手順2 ゆでる

筍はよく洗い、穂先を斜めに切り落とす。縦に1本切り目を入れ、外皮を2~3枚むく。鍋に米のとぎ汁、鷹の爪、筍を入れ、強火にかける。沸騰したら弱火にし、落とし蓋をして約1時間ゆでる。途中ゆで汁が減ったら筍にかぶる位お湯を足す。竹串がスッと通ったら火を止め、そのまま置いて冷ます。冷めたら皮をむく。

手順3 切る

手順3 切る

筍はたまごの大きさに長さを合わせ、8㎜幅に切る。

手順4 煮る

手順4 煮る

小鍋に水、醤油、みりん、豆板醤、かつお節を入れて中火にかけ、沸騰したら筍を入れて水気が少なくなるまで煮る。

手順5 仕上げる

手順5 仕上げる

ゆでたまごを1/4に切る。レンゲにゆでたまご、筍をのせる。ごま油を少量かける。

完成

完成

筍は水煮を使ってもOK。
煮玉子も漬けておくだけで簡単にできるので、ぜひお試しあれ!