おいしく料理する

ほうれん草のタルティーヌ 2種の写真

ほうれん草のタルティーヌ 2種

ほうれん草の葉と茎を分けてそれぞれを主役にした2品に。
味や食感の違いが際立って、新たなおいしさを発見!

2018年01月12日

ほうれん草は葉の付け根で
茎と葉に切り離して

寒い季節にぐっとおいしさが増すほうれん草は、ビタミンAや鉄分が豊富な“元気野菜”の筆頭。おひたしやバター炒めなどで、なじみの深い野菜でもあります。そんなほうれん草を、今回はタルティーヌに仕立てます。タルティーヌとは、平たくスライスした田舎風パンに具をのせたオープンサンドのこと。ほうれん草は葉と茎に分けて、それぞれが主役の2品に仕立てます。葉はにんにくとアンチョビ、バターでソテー。チーズと半熟の目玉焼きでとろける食感を愉しみます。茎はベーコンとマッシュルームと一緒に炒め、香ばしいアーモンドを散らして歯触りの良さと、甘さを味わいます。葉と茎が別の野菜のような個性の違いに驚くはず。食べ応えもあるので、休日のブランチにもおすすめです。

材料(2人分)

  • ほうれん草 1束
  • パン・ド・カンパーニュ スライス2枚

  • 【ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味】
  • ・バター 大さじ1
  • ・にんにく(潰す) 1/2片
  • ・アンチョビ 2枚
  • ・スレッドチーズ 40g
  • ・オリーブ油 大さじ1
  • ・卵 1個
  • ・塩、こしょう 各少量

  • 【ほうれん草(茎)のベーコンソテー】
  • ・アーモンドスライス 大さじ1
  • ・ベーコン 1枚
  • ・マッシュルーム 2個
  • ・オリーブ油 大さじ1
  • ・パルミジャーノチーズ 適量
  • ・塩、こしょう 各少量

<下ごしらえ>

<下ごしらえ>

ほうれん草は葉と茎とに分ける。葉は大きいようならカットし、茎を長さ3~4㎝に切っておく。

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>
手順1 炒める(1)

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>手順1 炒める(1)

フライパンにバター、潰したにんにくを入れて熱し、香りが立ったら、みじん切りにしたアンチョビを入れて炒める。

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>
手順2 炒める(2)

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>手順2 炒める(2)

ほうれん草の葉を加えて強火でさっと炒め、塩、こしょうで調味する。

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>
手順3 焼く(1)

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>手順3 焼く(1)

パンに葉のソテーとチーズをのせてオーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>
手順4 焼く(2)

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>手順4 焼く(2)

フライパンにオリーブ油を熱し、半熟の目玉焼きを焼く。

目玉焼きは楕円に焼く
目玉焼きは、パンの形に合わせて楕円に焼きます。フライパンに油を引き、斜めに傾けて側面のカーブで寄せるように揚げ焼きに。白身の縁もカリッと食感よく。

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>
手順5 仕上げる

<ほうれん草(葉)のアンチョビバター風味>手順5 仕上げる

葉のソテーとチーズをのせたパンに目玉焼きをのせる。

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>
手順1 焼く

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>手順1 焼く

アーモンドスライスをフライパンで乾煎りしておく。パンはオーブントースターで軽く焼いておく。

アーモンドスライスは乾煎りして香ばしく
カリッと香ばしい食感を活かしたいので、アーモンドスライスはほんのり色づく程度に乾煎りします。

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>
手順2 切る

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>手順2 切る

ベーコンは1cm幅、マッシュルームは薄切りにする。

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>
手順3 炒める

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>手順3 炒める

フライパンにオリーブ油を熱し、中火でベーコンを炒める。カリッとしてきたら茎、マッシュルームを加えてさらに炒め、塩、こしょうで調味する。

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>
手順4 仕上げる

<ほうれん草(茎)のベーコンソテー>手順4 仕上げる

パンにのせ、すりおろしたパルミジャーノチーズとアーモンドをふる。

完成

完成

タルティーヌは熱いうちにカットして。新しくなってさらにうまみがアップした金麦と一緒にぜひ、両方のタイプを味わってみてください。