閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

セリの卵炒め 蟹餡かけの写真

セリの卵炒め 蟹餡かけ

セリの色味と香りが鮮やかなふんわり卵炒めに、旨味たっぷりの蟹餡をかけて。ほっこり温まる一品です。

2016年01月08日

ふわふわの卵炒めに
仕上げるコツとは?

春の七草にも数えられるセリ。鍋ものに入れるとシャキッとした歯触りと清々しい香りが良いアクセントになります。卵とも相性が良く、ご紹介する今回の卵炒めも、セリ独特の香りを存分に愉しめる一品です。少量のスープと水溶き片栗粉を卵液に加えるのがコツ。高い温度ですばやく炒めればふんわり柔らかに仕上がります。そこへ熱々の蟹餡をかけて完成。セリの緑と卵の黄、蟹餡のオレンジと色鮮やかな組み合わせは冬のおもてなしにもぴったりです。

材料(2人分)

  • セリ 1束
  • 長ねぎ 1/4本
  • 3個
  • こしょう 少量
  • 鶏ガラスープ(有塩) 大さじ3
  • 片栗粉 大さじ1
  • 水(水溶き片栗粉) 大さじ1
  • サラダ油 大さじ3

  • 【蟹餡】
  • ・鶏ガラスープ(有塩) 150g
  • ・蟹(缶詰) 1缶(漬け汁も使用)
  • ・片栗粉 大さじ1
  • ・水(水溶き片栗粉用) 大さじ1
  • ・サラダ油 大さじ1

手順1 切る

手順1 切る

セリは粗みじん切りにし、長ねぎは細切りにする。

手順2 混ぜる(1)

手順2 混ぜる(1)

ボウルに卵を溶きほぐして、刻んだセリと長ねぎを入れ、こしょうを振ってよく混ぜ合わせる。

手順3 混ぜる(2)

手順3 混ぜる(2)

ボウルの卵液に鶏ガラスープと水溶き片栗粉を加え、よく混ぜ合わせる。

片栗粉をしっかり水に溶く
ダマができないよう片栗粉をしっかり溶かしてから加え、よく混ぜ合わせます。

手順4 炒める(1)

手順4 炒める(1)

フライパンにサラダ油を入れて火にかけ、高温になるまで熱し、卵液を流し入れる。

サラダ油は高温に熱する
サラダ油を高温になるまで熱することで、卵液に素早く火が通り、ふんわりと仕上がります。

手順5 炒める(2)

手順5 炒める(2)

流した卵液を強火で一気に炒め、卵全体に火が通ったら皿に盛る。

パラパラにせず、ひとまとまりに
素早くかき混ぜて卵を半熟状にし、その後、オムレツのように全体をまとめながら火を通します。

手順6 餡をつくる(1)

手順6 餡をつくる(1)

フライパンに鶏ガラスープと蟹の缶詰を漬け汁ごと入れて火にかける。

手順7 餡をつくる(2)

手順7 餡をつくる(2)

スープが沸騰したら、水溶き片栗粉を入れてヘラでかき混ぜ、とろみをつけ、仕上げにサラダ油を加え混ぜる。

餡を艶やかに仕上げます
仕上げにサラダ油を加えることで、餡全体がより艶やかに、滑らかに仕上がります。

手順8 餡をかける

手順8 餡をかける

皿に盛った卵の上に蟹餡をかける。

完成

完成

蟹の缶詰の代わりにホタテの缶詰を利用しても、セリの卵炒めと相性がよい餡に仕上がります。出来立てふわふわ、熱いうちにいただきましょう。