おいしく料理する

カリフラワー入りエビマヨ春巻きの写真

カリフラワー入りエビマヨ春巻き

中華の定番、エビマヨをカリフラワーと合わせた、とろ~り、サクサクのおつまみ風春巻き。

2020年10月16日

エビマヨと春巻きがおいしく合体!

中華の人気料理、エビマヨと春巻きを一度に愉しめるという、ちょっとうれしいおつまみ。ポイントは、エビマヨにホワイトソースを加えること。マヨネーズだけでは分離してしまうけれど、ホワイトソースを加えることでうまくつながって、ちょうどよいとろとろ加減になります。巻きやすいように、ホワイトソースは硬めに仕上げてください。そうすると、皮はサクサク、中はとろ~り。さっと茹でたカリフラワーの食感がアクセントになって、クセになるおいしさです。揚げたてのアツアツを、金麦と一緒にどうぞ。

材料(2~3人分)

  • カリフラワー 4片
  • 海老(殻付き) 4尾
  • 塩、酒 各少量
  • 春巻きの皮 4枚
  • 水(水溶き片栗粉用) 適量
  • 小麦粉 適量
  • 揚げ油 適量

  • 【ホワイトソース】
  • ・小麦粉 15g
  • ・バター 15g
  • ・牛乳 100ml
  • ・塩 少量
  •  
  • マヨネーズ 大さじ4

手順1 炒める(1)

手順1 炒める(1)

フライパンを弱火で熱し、バターを溶かし、小麦粉を入れる。

手順2 炒める(2)

手順2 炒める(2)

木ベラで炒め、牛乳を少しずつ加えて伸ばしていき、塩で味を調える。

ベシャメルは硬めに仕上げます
春巻きの具として巻きやすいよう、少し硬めに仕上げます。目安は冷めた時に絹ごし豆腐程度の硬さになるくらい。

手順3 茹でる(1)

手順3 茹でる(1)

鍋に湯を沸かし、塩を加え、カリフラワーを小房に分けてさっと茹で、粗みじん切りにする

手順4 茹でる(2)

手順4 茹でる(2)

湯に酒を加え、海老を殻ごと強火で30秒程度茹でる。

手順5 切る

手順5 切る

茹で上がったらザルに上げ、冷めたら殻を剥き、横半分に切る。

手順6 巻く(1)

手順6 巻く(1)

春巻の皮に、ホワイトソース、カリフラワー、海老の順にのせ、マヨネーズをかける。

手順7 巻く(2)

手順7 巻く(2)

折り畳んで巻いていき、端を水溶き小麦粉で留める。

手順8 揚げる

手順8 揚げる

160°Cの油で3~4分、キツネ色になるまで揚げる。

皮を香ばしく揚げるイメージでさっと
春巻きの具はすべて事前に火を入れてあるので、皮を香ばしく仕上げるイメージで、高温でさっと揚げます。

完成

完成

ホワイトソースと混ぜて揚げることで、マヨネーズの風味は残しながら、とろっとした食感をキープできます。エビマヨ好きにも、春巻き好きにもおすすめです。