おいしく料理する

冬の根菜のオーブン焼き アンチョビパセリソースの写真

冬の根菜のオーブン焼き アンチョビパセリソース

オーブン加熱で生まれる根菜の凝縮した甘味を、食欲をそそるソースで箸が進む1皿に。

2018年01月26日

根菜3種は、カットの工夫で
同時においしく焼き上がります

寒い季節の根菜は、甘さや旨味をたっぷり蓄え、食べると体がほっこり温まります。旬のおいしさを、シンプルにオーブン焼きで愉しみましょう。この時期、甘味がピークになるにんじん、さつまいも、蓮根を、皮付きのまま使います。バターやオリーブ油をかけてオーブンに入れ、約40分、じっくりと蒸し焼きにします。カットは大きさや形状を工夫して、3種とも同時においしく焼き上げます。南欧テイストのアンチョビパセリソースは、にんにくやアンチョビがきいた食欲をそそる味わい。色鮮やかな根菜と濃い緑色のソースの組み合わせは、春を先取りしたかのような華やかさです。

材料(2人分)

  • にんじん 2本
  • さつまいも 1本
  • 蓮根 1節
  • バター 小さじ2
  • オリーブ油 小さじ1
  • 少量

  • 【アンチョビパセリソース】
  • ・イタリアンパセリ 5~6枚
  • ・アンチョビ 2枚
  • ・ケイパー 大さじ1
  • ・にんにく 1/2片
  • ・オリーブ油 大さじ4
  • ・レモン汁 小さじ1
  • ・塩 少量

手順1 切る

手順1 切る

にんじんは皮付きのまま縦4等分に切る。さつまいも、蓮根は太さを揃えて2~3㎝厚さの輪切りにする。

皮は焼くと香ばしさが増します
にんじん、さつまいも、蓮根の皮は焼けば香ばしく、また栄養分も集まっているので、剥かずに皮付きのまま使います。

手順2 並べる

手順2 並べる

耐熱容器に根菜を重ならないように並べる。

手順3 下味をつける(1)

手順3 下味をつける(1)

にんじん、さつまいもにバターをちぎってのせ、塩をふる。

手順4 下味をつける(2)

手順4 下味をつける(2)

蓮根にオリーブ油をかけ、塩をふる。

手順5 焼く(1)

手順5 焼く(1)

容器の上にアルミホイルを被せて蓋をして、オーブンに入れる。

蓋つきの鋳物鍋があれば
蒸し焼きにしたいのでホイルで蓋をします。耐熱で蓋付きの鋳物鍋があればそちらを使ってもよいでしょう。

手順6 焼く(2)

手順6 焼く(2)

予熱をスタートさせ、220℃で約40分蒸し焼きにする。串がすっと通ったら焼き上がり。オーブンから取り出す。

手順7 ソースをつくる

手順7 ソースをつくる

アンチョビパセリソースの材料(イタリアンパセリ、アンチョビ、ケイパー、にんにく、オリーブ油、レモン汁、塩)をミキサーにかけてなめらかなソースをつくる。

手順8 仕上げる

手順8 仕上げる

焼き上がった根菜を皿に並べ、アンチョビパセリソースを添える。

完成

完成

根菜の凝縮された味は冷めても変わりません。またアンチョビパセリソースは蒸し野菜や牡蠣、焼いた肉や魚にかけても合います。