閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

春菊の水餃子鍋の写真

春菊の水餃子鍋

春菊を練り込んだヘルシー餃子をスープで小鍋仕立てに。
心も体も温まります。

2018年12月14日

旬の野菜を餃子に仕立てて
ひと皿で大満足のおうち中華に。

肉も野菜も一度に食べられて、そのうえ体があたたまる絶品水餃子をご紹介。食材は、旬の春菊と豚肉、それに油揚げ!この、油揚げが大活躍するのです。春菊から出る水分を油揚げが吸ってくれるので、練っていくうちに全体がつながってまとまりがよくなります。しかも、カロリーはお肉よりも控えめなのでヘルシー。通常は餃子を下茹でしてからスープに入れますが、茹でずにそのまま入れることで手間要らず。さらに皮から出るとろみ効果で、卵でとじると、ふんわりと仕上がり、一石二鳥です。肉も野菜もたっぷりで、水餃子には生姜が入っているため、身体ポカポカ効果も。寒い日におすすめの一品です。

材料(3~4人分)

  • 【餡】
  • ・春菊 100g
  • ・豚コマ切れ肉 150g
  • ・油揚げ 1/2枚
  • ・ホタテ水煮缶 50ml(汁込み)
  • ・オイスターソース 大さじ1/2
  • ・ごま油 大さじ1.5
  • ・醤油 小さじ1
  • ・生姜(みじん切り) 大さじ1
  • ・こしょう 少量
  •  
  • 餃子の皮 1袋(20枚)
  • 鶏ガラスープ(有塩) 600~800ml
  • トマト 中2個
  • 4個

手順1 切る(1)

手順1 切る(1)

春菊、豚コマ切れ肉、油揚げはみじん切りにする。

手順2 練り混ぜる

手順2 練り混ぜる

刻んだ春菊と豚コマ切れ肉、油揚げをボウルに入れ、残りの餡の材料をすべて加え、よく練り合わせる。

油揚げはスポンジ代わりに
油揚げを餡に混ぜ込むことで、具材から滲み出る水分をスポンジのように吸い留めてくれ、つながりもよくなります。

手順3 包む

手順3 包む

餃子の皮に餡を適量のせ、半円形におりたたみ、縁に水を薄く塗ってとじる。

ひだは少なめに寄せます
餃子をとじる際につくる「ひだ」ですが、餃子を茹でる際、厚みのあるひだの部分だけ火が上手く通らず、食感が悪くなるので、あまりひだをつくりすぎないようにします。

手順4 切る(2)

手順4 切る(2)

トマトは乱切りにする。

手順5 煮る(1)

手順5 煮る(1)

鍋に鶏ガラスープを入れて中火で熱し、温まったら餃子とトマトを投入する。

手順6 煮る(2)

手順6 煮る(2)

3分ほど茹でて餃子の芯まで火を通し、溶き卵を回しかける。

完成

完成

鶏ガラスープとトマトでつくるやさしい味のスープなので、餃子を口に含むと春菊の香りがふわっと引き立ちます。冬の味をたっぷり愉しめるのがうれしいですね。