おいしく料理する

カリフラワーのホワイトバーニャカウダの写真

カリフラワーのホワイトバーニャカウダ

生クリームベースのまろやかなソースが、カリフラワーの優しい甘味を引き立てます。

2015年11月20日

生とボイル、異なる食感を
バーニャカウダで食べ比べ。

カリフラワーは今が旬。ですが、意外と食卓に登場する機会は少ないようです。そこでぜひ知ってほしいのが、生で食べるカリフラワーのおいしさ。みずみずしく、シャキッとした歯ごたえと優しい甘さは、まさに「目からウロコ」。ボイルしたカリフラワーもほっこりとおいしいものですが、時には生のままで、バリエーションを愉しむのもおすすめです。今回は、生とボイル、それにブロッコリーも盛り合わせて、生クリームベースの白いバーニャカウダソースでいただきます。異なる食感を、食べ比べてみてください。

材料(2人分)

  • カリフラワー 1株
  • ブロッコリー 1/2株
  • 生クリーム 3/4カップ(150ml)
  • 牛乳 適量
  • にんにく 2片
  • アンチョビフィレ 5枚
  • オリーブ油 大さじ1
  • こしょう 少量

手順1 切る(1)

手順1 切る(1)

カリフラワー、ブロッコリーは小房に切り分ける。

手順2 茹でる(1)

手順2 茹でる(1)

カリフラワーの半量とブロッコリー(全量)を、塩を加えた湯で茹でて、ザルにとる。

カリフラワーとブロッコリーは別鍋で
色移りを避けるため、できればブロッコリーとカリフラワーは別鍋で茹でます。一つの鍋で茹でる場合は、先にカリフラワーを入れてから、ブロッコリーを茹でるようにします。

手順3 切る(2)

手順3 切る(2)

にんにくは縦半分に切り、芽を取り除く。

手順4 茹でる(2)

手順4 茹でる(2)

鍋に牛乳と水を同割で合わせ(分量外)、にんにくがかぶるくらいまで入れて弱火で15〜20分茹でる。

鍋からのふきこぼれに注意
牛乳の入った水で茹でると、ふきこぼれやすくなるので火加減に注意しましょう。にんにくのくさみや辛みが穏やかになります。

手順5 潰す

手順5 潰す

茹でたにんにくを取り出し、スプーンの背などで滑らかに潰す。

手順6 切る(3)

手順6 切る(3)

アンチョビをみじん切りにする。

手順7 ソースをつくる(1)

手順7 ソースをつくる(1)

小鍋に生クリーム、潰したにんにく、みじん切りのアンチョビを入れ、とろみがつくまで中〜弱火でゆっくり煮つめる。

手順8 ソースをつくる(2)

手順8 ソースをつくる(2)

仕上げにオリーブ油を加え混ぜ、こしょうをふる。

完成

完成

バーニャカウダソースは温かいうちにたっぷり添えて。茹でたカリフラワー、生のカリフラワー、ブロッコリーの3種に加え、好きな野菜を一緒に盛っても賑やかです。