おいしく料理する

鶏もも肉と根菜のオーブン焼きローズマリー風味の写真

鶏もも肉と根菜のオーブン焼きローズマリー風味

鶏肉と根菜にローズマリーをのせて焼いただけ。
ハーブの香りをまとうだけで、手の込んだ印象に!

2013年11月15日

オーブン任せで、華やか。
パーティーメニューにどうぞ!

ほっくりしたおいもや滋味深い根菜が、おいしい季節がやってきました。色合いも夏野菜に比べるとシックに落ち着いて、それがまた、晩秋の気分にぴったり。鶏肉と一緒にシンプルなオーブン焼きはいかが?
鶏肉は皮がパリッと、身はジューシーに。野菜にもゆっくり火が入り、甘味が引き出されます。全体を包み込むローズマリーの香りが、料理の印象をワンランクアップしてくれます。オーブン任せにできますから、パーティーにもいいですね。

材料(4人分)

  • 骨付き鶏もも肉 2本
  • れんこん 小1/2節
  • さつまいも 1/2本
  • じゃがいも 1個
  • 銀杏 10粒
  • 里芋 小2個
  • ローズマリー 4~5本
  • オリーブ油 大さじ1
  • 塩、こしょう 適量

手順1 肉を切る

手順1 肉を切る

骨付き鶏もも肉は、裏側の関節の間、骨に沿って切り目を入れ、塩、こしょうをする。

骨なしの鶏もも肉などでもOK
ご馳走感のある骨付き鶏もも肉のほか、骨なしの鶏もも肉でも作れます。加熱時間は5分程度短くして調整を。

手順2 野菜を切る(1)

手順2 野菜を切る(1)

れんこん、さつまいも、じゃがいもは皮付きのまま、2㎝程度の厚さに切る。

手順3 和える

手順3 和える

根菜、オリーブ油、塩をボウルの中でよく和える。

根菜の表面にまんべんなくまとわせて
オリーブ油を根菜の表面にまんべんなくまとわせることで、少量でも下味がつきます。

手順4 野菜を切る(2)

手順4 野菜を切る(2)

銀杏はペンチなどで殻を外す。里芋は皮付きのまま、たわしなどで表面の汚れを落とす。小さいものならば、そのまま。大きめのものは半分に切る。

手順5 焼く(1)

手順5 焼く(1)

鶏肉と根菜を天版に並べ、ローズマリーをのせ、200℃に余熱したオーブンで20分焼く。

じゃがいもは鶏肉の脇に!
じゃがいもが肉から出てくる肉汁を吸って、さらにおいしくなります。

手順6 焼く(2)

手順6 焼く(2)

銀杏を散らし、さらに12~13分焼く。金串や竹串を刺して火の入り具合を確認する。

焼き加減は必ず確認!
オーブンや素材の切り方によって火の入り具合は変わります。焦げそうなものは、ひと足先に取り出して。

手順7 仕上げ

手順7 仕上げ

オーブンから出す。里芋は皮を剥いて、食べやすい大きさに切って、皿に盛りつける。

完成

完成

大地を感じる皮付き野菜に黄色い銀杏。シックな色合いで、秋らしさ満点です!塩、粒マスタード、レモンなどを添えて盛りつけると、パーティーにもぴったりな装いに。