おいしく料理する

トルネードポテトとディップ&スパイスの写真

トルネードポテトとディップ&スパイス

クルクル可愛いビジュアルで場が盛り上がる!
気の利いたディップを添えて主役級のスナックに。

2018年08月10日

らせんスタイルが新鮮!
夏にぴったりのディップを添えて

くるくると竜巻のような形が愉しいフライドポテトは、みんなが集まるイベントやパーティなどにぴったり。一見難しそうに見えますが、竹串に刺して包丁で切れ目を入れるだけなので、特別な器具は必要ありません。甘みや辛さに工夫を加えた夏向きの3種のソースを添えて、味のバリエーションもいろいろに。じゃがいもは水にさらして表面のでんぷんを取り、温度を変えて2度揚げすることで表面がカリッと、香ばしいフライドポテトに仕上がります。

材料(4個分)

  • じゃがいも(メークインがおすすめ) 4個
  • 揚げ油 適量
  • 適量

  • 【ハニーマスタード】
  • ・はちみつ 大さじ1
  • ・フレンチマスタード 大さじ2

  • 【青唐辛子入りケチャップ】
  • ・ケチャップ 大さじ3
  • ・青唐辛子(種を取りみじん切り) 1/2本
  • ・パプリカパウダー 小さじ1/3
  • ・オリーブ油 大さじ1
  • ・粗挽き黒こしょう 少量

  • 【スパイス&ハーブ塩】
  • ・塩 小さじ1.5
  • ・クミンシード 小さじ1/2
  • ・コリアンダーパウダー 小さじ1/2
  • ・乾燥バジル 小さじ1/2
  • ・粗挽き黒こしょう 少量

手順1 下ごしらえ(1)

手順1 下ごしらえ(1)

よく洗って水分を拭きとったじゃがいもの真ん中に、まっすぐ竹串を刺す。

細長いメークインが扱いやすい
じゃがいもは、竹串が刺さりやすい、やや小さめがオススメ。メークインのように細長い形が、美しいらせんの状態につくりやすく、しっかり揚がります。

手順2 下ごしらえ(2)

手順2 下ごしらえ(2)

じゃがいもの上部から、竹串に当たるまでやや斜めに包丁を入れる。反対の手でじゃがいもを回転させていく。

手順3 下ごしらえ(3)

手順3 下ごしらえ(3)

7〜8mm幅で包丁を少しずつずらしながら切り込みを入れる。端まで切り込みを入れ終えたら、ゆっくり均等に広げる。

ゆっくり広げる
急に広げるとじゃがいもが切れる原因になるので、ゆっくり広げる。

手順4 下ごしらえ(4)

手順4 下ごしらえ(4)

じゃがいもを水に30分程度さらす。途中で水を2回変え、取り出したら水気をよく拭く。

長めに水にさらす
水にさらして表面のデンプン質をしっかり取り、表面がカラッと揚がるようにする。

手順5 揚げる(1)

手順5 揚げる(1)

揚げ油を150℃に熱し、じゃがいもを入れて5〜6分、泡がシュワシュワと小さくなるまで揚げて取り出す。

手順6 揚げる(2)

手順6 揚げる(2)

温度を180℃に上げてカリッとするまで再度揚げ、しっかり油を切り、熱いうちに塩をふる。

二度揚げでさっくりと仕上げる
低温で中までじっくり、高温でさっと2度揚げすることで、中はふっくら、表面はカリッと香ばしい食感になります。

手順7 ディップソースをつくる

手順7 ディップソースをつくる

それぞれの材料を混ぜ合わせて、ディップソース3種をつくる。

手順8 仕上げる

手順8 仕上げる

ポテトを器に盛り、ディップソース3種を添える。

完成

完成

食感も香ばしいフライドポテトは、そのままの塩味を愉しんだら、色々なディップにつけて味の違いを愉しんで!