おいしく料理する

青梗菜のオイル蒸し 煮豚添えの写真

青梗菜のオイル蒸し 煮豚添え

ヘルシーなオイル蒸しで青梗菜をたっぷり満喫!
ごま油とにんにくの香りが食欲をそそります。

2017年09月22日

青梗菜は、根元・茎・葉と
時間差で蒸して、鮮やかに!

少量の油と水で野菜を蒸し煮にする「オイル蒸し」。普通に茹でるよりも旨味がぐんと際立ち、野菜が主役の1品になります。今回用いるのは青梗菜。香り高く、シャキシャキした歯ごたえは、中国料理に限らず人気の高い野菜です。実は晩秋にかけてのこの時期が旬。露地物が多く出回る春と秋の中でも、ひときわ味がよいとされます。青梗菜の根元と軸を2分ほど蒸したら一度かき混ぜ、葉の部分を加えて1、2分蒸すのがポイント。こうするときれいな緑色が活かせます。薄く切った煮豚を添えれば、より満足度の高い1皿になります。

材料(4人分)

  • 青梗菜 2株
  • 大さじ3
  • ごま油 大さじ1
  • 大さじ1/3
  • にんにく 1片
  • 豚肩ロース塊肉 400g
  • 長葱 1/2本
  • サラダ油 少量
  • 醤油 1カップ
  • 1/2カップ
  • みりん 1/2カップ
  • 砂糖 大さじ4
  • 生姜(薄切り) 1枚

手順1 煮豚をつくる(1)

手順1 煮豚をつくる(1)

フライパンにサラダ油を熱し、豚肉の表面を強火で焦げ目がつく程度に焼き付けておく。

豚肉は表面を香ばしく焼いてから煮ます
豚肉は煮る前に表面を焼いておくことで、メイラード反応(褐色に色づくことで出る香ばしさや旨味)により、おいしさが増します。

手順2 煮豚をつくる(2)

手順2 煮豚をつくる(2)

鍋に焼き付けた豚肉、5cm長さに切った長ねぎ、醤油、酒、みりん、砂糖、生姜を入れて蓋をし、中~弱火で30分ほど煮て鍋ごと冷ます。

手順3 切る

手順3 切る

青梗菜を葉、軸、根元の3等分に切り分け、根元はさらに縦を1/2~1/3に切る。

手順4 潰す

手順4 潰す

にんにくは半分に切って包丁の柄などで叩き、軽く潰す。

手順5 オイル蒸しにする(1)

手順5 オイル蒸しにする(1)

鍋に水、ごま油、塩、にんにくを入れて中火にかける。

手順6 オイル蒸しにする(2)

手順6 オイル蒸しにする(2)

煮立ったら青梗菜の根元を入れ、その上から軸を入れて蓋をし、2分ほど蒸す。

手順7 オイル蒸しにする(3)

手順7 オイル蒸しにする(3)

一度かき混ぜて、青梗菜の葉の部分を加え、蓋をして1~2分ほど蒸す。

葉は最後に蒸して鮮やかな色を活かします
火が通りやすい葉は最後に蒸します。葉がしんなりしたら取り出して鮮やかな色を活かします。

手順8 盛る

手順8 盛る

青梗菜が熱いうちに器に盛り付け、煮豚を薄切りにして添える。

完成

完成

ごま油の代わりにオリーブ油でつくっても。煮豚はできればひと晩、煮汁に浸しておくと味がしみてさらにおいしくなります。