おいしく料理する

汁無し担担麺 トマト辣油がけの写真

汁無し担担麺 トマト辣油がけ

濃厚なゴマの風味とピリ辛の刺激が暑い夏にぴったり!
たっぷり野菜と、特製「トマト辣油」を添えて、味わいも栄養も◎です。

2013年07月05日

+トマト辣油で
暑さ&スタミナ対策!

7月7日の七夕、実は「そうめん」の日でもあるんです。「七夕に 索餅(さくべい)(素麺の元祖)を食べて気を祓う」という中国の故事に倣い、平安時代から始まった風習だと言われています。暑くて食欲がいま一つというときでも、喉越しのいい素麺なら食べられるという人は多いはず。今回は麺つながりで、ピリ辛の刺激がさらに食欲をそそる「担担麺」をご紹介します。濃厚なゴマだれと豚肉味噌に、暑い日でもさっぱりと食べられるよう、特製「トマト辣油」をかけました。野菜をたっぷりのせれば、栄養バランスも◎です。
「トマト辣油」は刻んだトマトと辣油、豆板醤、おろしニンニクを炒めて作ります。トマトは元気の素「リコピン」が豊富。ニンニクも入るのでスタミナUPも期待できます。焼き物や揚げ物のソースに、また素麺のつゆに加えるなど、広く活用できるうえ、冷蔵庫で1週間ほど保存可能。完熟トマトが出回るこの時期、多めに作っておくと便利です。

材料(2人分)

  • 【ゴマだれ】
  • ・芝麻醤(チーマージャン) 100ml  ※または練り胡麻
  • ・ゴマ油 大さじ3
  • ・オイスターソース 大さじ2
  • ・醤油 大さじ2
  • ・マスタード 大さじ2
  • ・酢 大さじ2
  • ・ヨーグルト(加糖) 50ml
  • ・水 大さじ1

  • 【豚肉味噌】
  • ・豚コマ肉 200g
  • ・サラダ油 大さじ1
  • ・砂糖 大さじ1
  • ・甜面醤 大さじ3  ※赤味噌大さじ1.5+砂糖大さじ1で代用可
  • ・醤油 大さじ1/2

  • 【トマト辣油】
  • ・トマト 150g
  • ・サラダ油 大さじ1.5
  • ・辣油 大さじ1
  • ・豆板醤 大さじ1
  • ・すりおろしニンニク 大さじ1/3
  •  
  • 中華麺 2玉
  • 水菜 適量
  • キュウリ 適量
  • 茹でモヤシ 適量
  • すりゴマ 適量

手順1 ゴマだれをつくる

手順1 ゴマだれをつくる

ゴマだれの材料を混ぜ合わせておく。

手順2 豚肉味噌をつくる(1)

手順2 豚肉味噌をつくる(1)

フライパンにサラダ油を熱し、粗みじんにした豚肉を香ばしい焦げ目がつくまで中火で炒める。

しっかり炒めて水分を飛ばす
豚肉はしっかり炒めて十分に水分を飛ばします。焦げ目が少し付くくらいまで火を入れることで、味がぼやけず、肉の香ばしさが生きた味わいに!

手順3 豚肉味噌をつくる(2)

手順3 豚肉味噌をつくる(2)

砂糖、甜麺醤、醤油を加え、豚肉に炒め絡め、全体に艶やかなテリが出て、ジワリと油が浮いてくるまで炒める。

手順4 トマト辣油をつくる(1)

手順4 トマト辣油をつくる(1)

フライパンにサラダ油を引き、粗みじんにしたトマト、豆板醤、すりおろしニンニクを入れて炒める。

手順5 トマト辣油をつくる(2)

手順5 トマト辣油をつくる(2)

香りが立ち上ってきて、水分がある程度飛んだら、辣油を加えて炒め合わせる。

手順6 麺を茹でる

手順6 麺を茹でる

たっぷりの湯で中華麺を規定時間、茹であげ、流水でよく洗ってぬめりを取る。

中華麺は平打ち麺がベスト!
平打ちの中華麺を使うと、ゴマだれとの絡みが良く、おいしく仕上がります。同じような形状のうどんでも代用可能。

手順7 タレを絡める

手順7 タレを絡める

ボウルに中華麺、ゴマだれを入れ、全体に均一に絡まるよう、混ぜ合わせる。

手順8 盛り付ける

手順8 盛り付ける

皿に麺を盛り、3㎝幅に切った水菜、せん切りのキュウリ、茹でモヤシ、豚肉味噌の順にのせ、トマト辣油をかけ、すりゴマを振る。

完成

完成

辛味が苦手な人には、トマト辣油の代わりに角切りトマトでも。ご紹介したゴマだれは、マヨネーズをプラスすればドレッシングとしても使えます。肉味噌は、おにぎりの具にも活躍。盛り付ける野菜の種類や量など、自分好みにアレンジして楽しみましょう。