閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

鯛かぶとのアクアパッツァ
の写真

鯛かぶとのアクアパッツァ

端午の節句のお祝いに、時にはこんな洋風アレンジもいかが?
大人も子供も喜ぶ、華やかなメインディッシュです!

2013年05月02日

鍋ひとつで気軽に
本格イタリアン!

5月5日は端午の節句。五月人形を出して、鯉のぼりを上げて、どんなごちそうでお祝いしますか?定番は、柏餅にちまき。メインに彩り豊かなちらし寿司もいいですね。でも、せっかくのゴールデンウィーク、大人も子供も楽しめる、アクアパッツァはいかがでしょう。
アクアパッツァは、魚介をトマトやオリーブと共に白ワインで蒸し煮にしたイタリア料理。端午の節句にちなんで、今回は鯛の“かぶと”と、旬のはまぐりを使います。鯛のかぶとは、手頃なお値段ながら、実は一番おいしい部位。ゼラチン質や脂質も豊富で、煮汁にとてもいいだしが出ます。おまけに、鍋一つでできちゃうんです。家族が揃い、主婦にとっては忙しい連休期間。お祝いにぴったりの豪華な一品が、手間要らずで作れます。

材料(2人分)

  • 鯛のお頭 2切れ(1尾分)
  • はまぐり 8個(砂抜きしておく)
  • にんにく 1片(潰しておく)
  • アンチョビ 2枚(みじん切り)
  • タイム 3~4枝
  • 白ワイン 1/4カップ
  • 1カップ
  • ケイパー 大さじ1
  • オリーブ(緑) 8個
  • プチトマト 6個
  • オリーブ油 大さじ1
  • 塩、こしょう 適量

手順1 鯛を湯引きする

手順1 鯛を湯引きする

鯛の頭をザルに並べ、たっぷりの熱湯を回しかけて冷水にとる。

臭みをとる
熱湯を回しかけることで生臭さが消え、上品な味に仕上がります。

手順2 冷水にとる

手順2 冷水にとる

指で表面を触り、鱗などが残っていれば丁寧に取り除く。水気をきれいに拭き取り、皮目に軽く塩をふる。

手順3 煮る(1)

手順3 煮る(1)

フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火で熱する。香りが出たらアンチョビを加えて炒める。

手順4 煮る(2)

手順4 煮る(2)

鯛を入れてタイムをのせ、白ワインを回しかけて強火にする。

手順5 煮る(3)

手順5 煮る(3)

煮立ったら、水、はまぐり、ケイパー、ミニトマト、オリーブ、オリーブ油を加えて蓋をし、中火で5~6分ほど煮る。

はまぐりの口が開いたら
はまぐりの口が開いたら、身が硬くならないよう、一旦取り出しておきましょう。

手順6 煮る(4)

手順6 煮る(4)

蓋を外し、煮汁をスプーンなどで掬って、鯛に回しかけながら、さらに5〜6分ほど煮て、塩、こしょうで味を調える。

煮汁の味を含ませる
鯛の表面は煮汁が絡みにくいので、回しかけてやることで味が全体に染み込みます。

完成

完成

豪快なビジュアルながら、作り方は意外にシンプル。オリーブは、黒、緑、大粒、小粒など、色味、味わい、大きさなどいろいろ。好きなものを使ってみて。