閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

鶏のから揚げ 桜海老ソースのサラダ仕立ての写真

鶏のから揚げ 桜海老ソースのサラダ仕立て

油淋鶏(ゆーりんちー)に香味野菜のサラダをのせて、香ばしい桜海老ソースをたっぷりと。

2017年04月28日

乾煎りした香ばしい桜海老を加えて、
味わいも栄養価もアップ。

漁期が年二回に限られる桜海老。鮮やかなピンクは、春を思わせる色合いです。今回は、油淋鶏をサラダ仕立てにして、桜海老を使ったソースを合わせます。素干し桜海老は、カルシウムなどの栄養素が豊富で、旨味たっぷり。乾煎りして香ばしさを立たせてから使います。クレソン、セリ、セロリなどの香味野菜には、隠し味にレモンの薄切りを忍ばせて和えることで、柑橘の清涼な香り、苦味、酸味がよいアクセントに。ピクニックランチの一品にもぴったり、ボリュームたっぷりのサラダです。

材料(2人分)

  • 鶏もも肉 1枚(280~300g)
  • 醤油 大さじ1
  • 大さじ2
  • おろし生姜 小さじ1
  • 小麦粉 大さじ1
  • 片栗粉 大さじ3
  • クレソン 20g
  • レモン(2mm厚さのスライス) 3枚
  • セリ 20g
  • 新玉葱 30g
  • セロリ 30g

  • 【桜海老ソース】
  • ・桜海老 10g
  • ・味噌 大さじ1/2
  • ・酢 大さじ1
  • ・塩 小さじ1/2
  • ・醤油 大さじ1/2
  • ・フライドオニオン 大さじ1
  • ・鶏がらスープ(有塩) 大さじ2
  • ・ごま油 大さじ1.5
  •  
  • 揚げ油 適量

手順1 下ごしらえ(1)

手順1 下ごしらえ(1)

鶏もも肉は筋を切ってから余分な脂肪を取り除き、縦半分に切る。

手順2 下ごしらえ(2)

手順2 下ごしらえ(2)

バットやボウルなどに鶏肉と醤油、酒、おろし生姜を入れてよく揉む。小麦粉を加えてさらに揉み込む。

調味料と小麦粉はよく揉み込んで下味を付けます
水分が肉に吸収されるまで調味料をよく揉み込んでから、小麦粉をまぶして揉みこみます。こうすると下味に小麦粉の香ばしさが加わります。

手順3 揚げる(1)

手順3 揚げる(1)

片栗粉を全体にまぶし、120~130℃の揚げ油で揚げる。

手順4 揚げる(2)

手順4 揚げる(2)

全体が色付いたら一度引き上げ、180~200℃の高温で二度揚げする。

二度揚げで、カリッと香ばしく
低温で揚げているときは衣が剝がれやすいので、なるべく触らないこと。高温の油に入れたら1~2分で引き上げて油を切ります。

手順5 切る

手順5 切る

野菜はそれぞれ、ひと口大に切る。

手順6 桜海老ソースをつくる

手順6 桜海老ソースをつくる

フライパンで桜海老を乾煎りしてボウルに入れ、調味料を加えて混ぜ合わせ、桜海老ソースをつくる。

桜海老は乾煎りして香りを立たせます
フライパンで乾煎りして十分に香りを立たせてから、調味料を加えて混ぜ合わせます。

手順7 混ぜる

手順7 混ぜる

桜海老ソースに野菜を入れて絡める。

手順8 仕上げる

手順8 仕上げる

鶏もも肉をひと口大に切って皿に盛り、上に桜海老ソースと絡めた野菜をのせる。

完成

完成

野菜と鶏から揚げを分けておけば、アウトドアのお弁当にも。食べるときに桜海老ソースと和えれば、食感もフレッシュなまま愉しめます。