閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

芽キャベツと鶏のフリット
の写真

芽キャベツと鶏のフリット

芽キャベツは甘く香ばしく砂肝や手羽先はスパイシーに。
シンプルに素揚げした、大人のスナックです。

2018年02月23日

こんがり色づくまで、
じっくり素揚げします

寒さが極まる時期にしか出回らない芽キャベツは、コロンとした形が可愛らしく、凝縮したその味を好むファンも多いのですが、硬く苦味もあり、料理によっては下処理が必要です。そんな中、おすすめの調理法が揚げ物。下処理の必要がなく、低めの温度で外側の葉がこんがり色づくまで素揚げするだけ。甘くて濃い味が愉しめます。揚げる前にヘタに十字の切り込みを入れるのがコツ。火の通りがよくなります。熱いうちに塩、こしょうで味を付け、同じく素揚げしてクミンをふった手羽先、砂肝と一緒に盛り合わせます。冷えた金麦が進む、香ばしい大人のスナックです。

材料(2人分)

  • 芽キャベツ 12個
  • 手羽先 4本
  • 砂肝 150g
  • 塩、こしょう、クミンシード、クミンパウダー 各少量
  • 揚げ油 適量
  • レモン 適量

手順1 下ごしらえ(1)

手順1 下ごしらえ(1)

芽キャベツは、褐変している葉があれば剥いて除き、ヘタに十字の切込みを入れる。

ヘタに十字の切り込みを入れます
葉がしっかりと巻いている芽キャベツは火の通りが悪いので、切り込みを入れて火の通りをよくします。

手順2 下ごしらえ(2)

手順2 下ごしらえ(2)

砂肝は白く硬い部分を削ぎ切り、食べやすい大きさに切る。

手順3 下ごしらえ(3)

手順3 下ごしらえ(3)

手羽先は、骨に沿って裏側に切り込みを入れる。

骨に沿って切り込みを入れます
手羽先も熱が入りにくいので、包丁を入れます。火の通りが良くなり、食べる時の身離れも良くなります。

手順4 揉む

手順4 揉む

砂肝と手羽先に塩、こしょうを揉み込む。

手順5 揚げる(1)

手順5 揚げる(1)

芽キャベツを160~170℃の油に入れ、周りがこんがりと色づくくらいまで5〜6分かけてじっくり素揚げする。

手順6 揚げる(2)

手順6 揚げる(2)

手羽先は150~160℃の油で5分ほど揚げて一度取り出し、揚げ油の温度を180℃に上げて再び入れて表面がこんがりするまで揚げる。

手順7 揚げる(3)

手順7 揚げる(3)

砂肝は170℃で1~2分揚げる。

手順8 味をつける

手順8 味をつける

キッチンペーパーの上で揚げた食材の余分な油を取り、熱いうちに塩、こしょうをふる。

熱いうちに味をつけます
冷めると味が乗りにくくなるので、揚げたてのなるべく熱いうちに塩、こしょうで味を付けます。

手順9 仕上げる

手順9 仕上げる

手羽先にクミンシードとクミンパウダーをふり、レモンを添える。

完成

完成

揚げたて熱々にレモンをきゅっと絞って。芽キャベツの甘く濃い味がいっそう際立ちます。