おいしく料理する

長葱のクリームグラタンの写真

長葱のクリームグラタン

じっくり蒸し煮にした長ねぎを、ベーコンで巻いてグラタン仕立てに。
トロリと甘い長ねぎに、軽やかなチーズソースがよく合います。

2015年11月06日

蒸し煮にした長ねぎが主役!

長ねぎは寒さが増すにつれ、水分を蓄えて太く育ち、味もぐんと良くなります。いつもは鍋物に入れたり、肉と炒め合わせるなど、脇役でつかうことが多いですが、今回は堂々と主役を張れる、グラタン仕立てに。長ねぎはじっくり蒸し煮にすると辛味が消えて、甘くトロリとした食感に変身。「ねぎってこんなに甘かった?」と驚かされます。ソースは小麦粉を使うベシャメルの代わりに、白ワインと生クリーム、チーズでつくる、軽やかソースに。より簡単につくれ、たっぷり入ったチーズのコクと、香ばしく焼けた香りが金麦にもぴったりです。

材料(2人分)

  • 長ねぎ 3本
  • バター 小さじ2
  • ベーコン 6枚
  • 生クリーム 1カップ(200ml)
  • 白ワイン 1/4カップ(50ml)
  • ナチュラルチーズ 60g ※エメンタールチーズ、ピザ用など
  • 塩、こしょう、ナツメグ 各適量

手順1 切る

手順1 切る

長ねぎは青い部分を切り落とし、器に入る長さに切る。

手順2 煮る

手順2 煮る

鍋に長ねぎ、ひたひたに浸る程度の水(分量外)、塩、バターを入れて蓋をし、弱火で15分ほど蒸し煮にする。長ねぎが柔らかくなったら取り出し、冷ます。

長ねぎはしっかり蒸し煮にする
長ねぎが透き通ってクタクタになるまで、じっくり蒸し煮にします。

手順3 ソースをつくる(1)

手順3 ソースをつくる(1)

鍋に白ワインを入れてひと煮立ちさせ、生クリームを加える。中〜弱火にかけ、2/3量程度に減り、とろみが出るまで煮つめる。

鍋からのふきこぼれに注意
生クリームがふきこぼれないよう、こまめにかき混ぜながら煮詰めます。

手順4 ソースをつくる(2)

手順4 ソースをつくる(2)

煮詰めた生クリームに塩、こしょう、ナツメグ、チーズの半量を加え、溶かし混ぜる。

手順5 巻く

手順5 巻く

冷ました長ねぎの水気を軽く切り、ベーコンで1周半巻く。

手順6 のせる

手順6 のせる

グラタン皿にベーコンで巻いた長ねぎを並べ、ソースをかけ、残りのチーズをのせる。

手順7 焼く

手順7 焼く

200℃に予熱したオーブンで15分、またはオーブントースターで表面がこんがりするまで焼く。

完成

完成

チーズをブルーチーズに変えると、また違った風味が愉しめます。ソースをバゲットに浸して食べてもおいしいですよ。下仁田ねぎ、ポワローなど、色々なねぎで挑戦してみてください。