閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

新玉葱と鯛つみれの桜ワンタンスープ
の写真

新玉葱と鯛つみれの桜ワンタンスープ

色と香り、食感を工夫して、テーブルを華やかに演出。
お花見気分を盛り上げます。

2012年03月02日

ラズベリー入りのワンタンで、
水面に浮かぶ桜の花びらを表現。

新玉葱の甘み、鯛の上品なうまみ、梅干しの酸味がマッチした、すっきり爽やかな味わいのスープです。見た目を華やかにするため、ワンタンにラズベリーを練り込んで薄紅色にし、指で押し広げて可愛らしい花びら型にしました。ワンタンの生地は強力粉と薄力粉をブレンドしているので、モチモチと弾力のある食感が楽しめます。
ワンタンの色や型は、お好みでアレンジしましょう。指でラフに仕上げてもよし、お菓子用の型抜きを使ってもよし。ラズベリーがなければ、トマトソースやケチャップを使ってもOK。自分流の花を咲かせてみてくださいね。

材料(2人分)

  • 【ワンタン】
  • ・薄力粉 20g
  • ・強力粉 10g
  • ・冷凍ラズベリー(解凍しておく) 5g
  • ・塩 小さじ1/6
  • ・水 小さじ2.5
  •  
  • 真鯛 2切れ(150g)
  • 新玉葱 1/4個
  • 味噌 小さじ2.5
  • 卵白 1個分
  • おろし生姜 小さじ1/2
  • 600㏄
  • 昆布 5×15㎝
  • 梅干し 1/2個
  • 適量
  • セリ 適量

手順1 切る(1)

手順1 切る(1)

真鯛は骨を除き、ぶつ切りする。

手順2 切る(2)

手順2 切る(2)

新玉葱はぶつ切りする。梅干しはみじん切りする。セリはざく切りする。昆布はハサミで切り込みを入れる。

手順3 つぶす

手順3 つぶす

ボウルに解凍したラズベリーを入れてフォークでつぶす。

手順4 こねる

手順4 こねる

つぶしたラズベリーに薄力粉、強力粉、塩、水を加えてフォークで軽く混ぜ合わせ、生地を手で折りたたむようにしてこねる。ラップし、冷蔵庫で30分休ませる。

耳たぶの固さがベスト!
生地はこねすぎると固くなるので、注意しましょう。折りたたんでのばす、折りたたんでのばすを繰り返し、耳たぶくらいの固さになればOKです!

手順5 成形する

手順5 成形する

冷蔵庫からワンタンの生地を取り出し、打ち粉(強力粉、分量外)をしたまな板で直径1.5cmの棒状にのばす。3mm幅に切って丸め、打ち粉をつけた親指で薄く広げる。切り込みを入れて花びら型にする。

手順6 すりつぶす

手順6 すりつぶす

フードプロセッサーに真鯛の切り身、新玉葱、卵白、味噌、おろし生姜を入れ、すりつぶし、つみれのタネをつくる。

手順7 煮る

手順7 煮る

鍋に水、昆布を入れて中火にかけ、沸騰したらつみれのタネをスプーンですくって入れる。蓋をして3分ほど煮る。

手順8 調味する

手順8 調味する

桜ワンタンを加えて1〜2分煮たら、梅干しを加えて塩で味を整える。器に盛り、セリを散らす。

完成

完成

鯛のつみれからいいダシが出て、しみじみと、おいしい!スープが余ったら、ごはんや麺を入れて楽しむのもおすすめです。