閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

春キャベツたっぷり和え麺
の写真

春キャベツたっぷり和え麺

特製だれと香ばしい葱油で和えた
キャベツたっぷり、ヘルシーな春の和え麺

2017年03月10日

たっぷりの春キャベツを
麺と和えます。

甘くてみずみずしい春キャベツ。柔らかな食感は生食がおすすめです。和え麺に絡める特製だれは、旨味たっぷり。決め手は干し海老とにんにく。じっくり加熱して香りを立たせてから、鶏ガラスープと醤油を加えて煮込みます。火から下ろして酢をひとたらし。味を引き締めたら中華麺を和え、春キャベツ、クレソン、ハムをたっぷりのせます。最後に熱いごま油を上からジュッとかければ、香ばしいねぎの香りが、キャベツの甘さをいっそう引き立てます。柔らかな食感と共に、春キャベツならではの甘さを満喫しましょう。

材料(2人分)

  • 春キャベツ 1/4個(約200g)
  • クレソン 4本
  • ハム 2~3枚
  • 長ねぎ 1/4本
  • 唐辛子(輪切り) 適量
  • 中華麺 2玉

  • 【特製だれ】
  • ・サラダ油 大さじ1/2
  • ・干し海老(みじん切り) 15g
  • ・にんにく(みじん切り) 大さじ1/2
  • ・鶏ガラスープ(有塩) 200ml
  • ・醤油 大さじ1
  • ・酢 大さじ1/2
  • ・ごま油 大さじ3

手順1 切る

手順1 切る

春キャベツ、ハム、長ねぎは細切りにする。クレソンはひと口大に切る。

春キャベツは麺に合わせた太さに
春キャベツは細かなせん切りにするのでなく、麺の太さと同じくらいの幅に切ると歯触りがよくなります。

手順2 特製だれをつくる(1)

手順2 特製だれをつくる(1)

フライパンにサラダ油、干し海老、にんにくを入れて火をつけ、香りが出るまで中火で炒める。

じっくり加熱で香りを立たせます
フライパンが冷たいうちにサラダ油、干し海老、にんにくを入れて中火でじっくり加熱して、香りを立たせます。

手順3 特製だれをつくる(2)

手順3 特製だれをつくる(2)

鶏ガラスープと醤油を加え、軽く煮込んだら火からおろしてボウルに入れ、酢を加える。

手順4 茹でる

手順4 茹でる

別鍋にたっぷりの湯を沸かし規定時間茹でた中華麺をザルにとり、流水でぬめりを取って水気を切る。

ぬめりを取って麺を引き締めます
茹でた麺は一度、流水でぬめりを取って麺を引き締めます。こうすると麺がのびにくく、歯触りも良くなります。

手順5 絡める

手順5 絡める

麺をボウルに入れ、特製だれと絡め合わせる。

手順6 のせる

手順6 のせる

特製だれと絡め合わせた麺の上に、春キャベツ、クレソン、長ねぎ、鷹の爪をのせる。

手順7 仕上げる(1)

手順7 仕上げる(1)

フライパンにごま油を入れてうっすら煙が出るまで熱し、長ねぎの上からかける。

熱したごま油で長ねぎの香りを立たせます
長ねぎの上に煙が出るまで熱したごま油をかけると、香ばしいねぎの香りが立ち上ります。ごま油はとても熱いので気を付けて。

手順8 仕上げる(2)

手順8 仕上げる(2)

全体をよく混ぜ合わせて器に盛る。

完成

完成

ハムの代わりに茹でた鶏ささ身を使ったり、中華麺を素麺に替えたりと自由なアレンジも愉しんで。キャベツ好きなら思い切りたくさん入れてもおいしいですよ。