おいしく料理する

海苔の佃煮の写真

海苔の佃煮

甘辛く炊いた佃煮は新米ごはんのお供に、またよき酒肴に。
実りの秋、涼しくなるほどにおいしく感じられる自家製佃煮。

2016年09月09日

自家製するから、
甘味も食感も自分好みに!

新米がおいしい季節です。炊きたてごはんのお供「佃煮(つくだに)」は、昔は家庭で作る常備菜でした。そんな中から、とても簡単で、おつまみにもなる佃煮を紹介します。「海苔の佃煮」は、水分を飛ばしてぱらりと、逆に水の分量を増やしてとろとろ柔らかくと、お好みの食感に仕上げてください。出来上がったら冷蔵庫で保存し、早めに食べ切りましょう。

材料(2~3人分)

  • 焼き海苔 5枚
  • 醤油 大さじ1.5
  • みりん 大さじ1.5

手順1 ちぎる

手順1 ちぎる

焼き海苔を手で小さくちぎって鍋に入れる。

しけってしまった海苔でも
新しい焼き海苔でなく、時間が経ってしけってしまった海苔でも十分においしくできます。

手順2 煮る(1)

手順2 煮る(1)

海苔を入れた鍋に水、醤油、みりんを入れて火にかける。

手順3 煮る(2)

手順3 煮る(2)

弱火で3~4分、ほぐしかき混ぜながら煮て、とろみが出たら火を止める。

完成

完成

食べるときにごま油を少し混ぜれば、また違った風味が愉しめます。