おいしく料理する

苦瓜と香味野菜のサラダ マスタード風味の写真

苦瓜と香味野菜のサラダ マスタード風味

華やかに香り立つごま油が野菜だけの1皿を華やかに。
柔らかい苦味と酸味の、元気が出るサラダです。

2017年08月25日

苦瓜は塩を振ってから茹で、
苦味を和らげます。

暑さで食欲が衰えがちなこの季節。ビタミン豊富な苦瓜は、最高のお助け野菜です。今回は苦瓜をさっぱりサラダ仕立てに。気になる独特の苦味は、塩で軽く揉んでからさっと茹でることで和らぎ、軽やかな歯ざわりが愉しめます。マスタードとおろし生姜の入った甘酢っぱいたれをかけたら、最後に熱々のごま油をジュッとかけて香りを立たせます。ごまの香りとマスタードのすっきりした辛さが食欲を刺激し、野菜だけなのに華やかで味覚が満たされる1品に。旬のトマト、長ねぎと茗荷もたっぷり合わせて。目に鮮やかな、元気が出るビタミンカラーの1品です。

材料(2人分)

  • 苦瓜 1/2本
  • 長ねぎ 1/4本
  • 茗荷 1個
  • トマト(中) 1個
  • 香菜 適量
  • 適量
  • ごま油 大さじ2~3

  • 【マスタードソース】
  • ・マスタード 大さじ1
  • ・生姜 小さじ1
  • ・酢 大さじ1.5
  • ・砂糖 大さじ1.5
  • ・醤油 大さじ1/2

手順1 切る(1)

手順1 切る(1)

苦瓜は半分にカットし、ワタと種を除いてから、5mm幅に輪切りにする。

ワタと種はスプーンの柄で除きます
輪切りにする前に、半分に切った断面からスプーンの柄を差し込み、ぐるりと1周回すとワタと種がきれいに取り除けます。

手順2  塩を振る

手順2  塩を振る

輪切りにした苦瓜に塩少々を振り、軽く揉む。

手順3 切る(2)

手順3 切る(2)

長ねぎと茗荷は細切りにし、トマトは乱切りにする。

手順4 茹でる

手順4 茹でる

鍋に湯を沸かし、苦瓜をさっと30秒ほど茹でる。

塩を振ってさっと茹で、苦味を和らげます
苦瓜は塩を振ってから茹でることで苦味が和らぎ、食べやすくなります。

手順5 絞る

手順5 絞る

茹でた苦瓜を流水にとって冷やし、よく絞る。

水っぽくならないようよく絞って
よく絞ることでさらに苦味が和らぎ、シャキッとした歯ざわりになります。

手順6 盛る

手順6 盛る

皿にトマト、絞って水気を取った苦瓜、長ねぎ、茗荷を盛る。

手順7 マスタードソースをつくる

手順7 マスタードソースをつくる

ボウルにマスタード、生姜、酢、砂糖、醤油を入れて混ぜ合わせ、マスタードソースをつくる。盛った野菜にかける。

手順8 仕上げる

手順8 仕上げる

フライパンでごま油をうっすら煙が出るまで熱し、盛った野菜の上にかけ、香菜を盛る。

完成

完成

全体をよく混ぜ合わせていただきます。マスタードソースが余ったら長ねぎ、茗荷をのせた豆腐にかけてみて。いつもとは違う冷奴が愉しめますよ。