おいしく料理する

蓮根と豚肉のバルサミコ酢きんぴらの写真

蓮根と豚肉のバルサミコ酢きんぴら

豚肉は厚切り、蓮根は太い棒状に切ってボリュームアップ。
バルサミコ酢で甘酸っぱく仕上げて、お酒が進む味に。

2020年01月09日

定番のお惣菜を、バルサミコ酢で
おつまみ仕立てに

家庭料理の定番惣菜、きんぴらをちょっと洋風にアレンジしました。蓮根は皮付きのまま、繊維に沿って縦長に切ることで歯ごたえをアップ。豚バラ肉も、厚切りを棒状に切り出してボリュームのある「おかずおつまみ」に仕上げます。茶色く地味になりがちなきんぴらに、赤パプリカを加えて色味を添えました。甘塩っぱい味のきんぴらはごはんのおかずにぴったりですが、酸味のあるバルサミコ酢をつかうことで、お酒との相性がぐっとよくなります。出来たてよりも、ちょっとおいた方が味が馴染むので、時間があれば30分ほどおくといいでしょう。冷めてもおいしいきんぴらは、つくり置きすれば、いざという時のもう一品にも、晩酌のおつまみにも重宝します。

材料(2人分)

  • 蓮根 1節(約200g)
  • 赤パプリカ 1/2個
  • とんかつ用豚肩ロース肉 150g
  • オリーブ油 大さじ1
  • バルサミコ酢 大さじ1.5
  • 醤油 大さじ1.5
  • みりん 大さじ1.5
  • 塩、黒こしょう 各少量

手順1 切る(1)

手順1 切る(1)

蓮根は皮付きのまま繊維に沿って縦に拍子木切りにして水洗いし、水気をよく拭き取る。

手順2 切る(2)

手順2 切る(2)

赤パプリカは縦半分に切って中央のタネを除き、1cm幅にスライスする。

手順3 切る(3)

手順3 切る(3)

豚肉は蓮根と同じ長さに切り、さらに1cm幅の棒状に切り出し、塩を少々ふる。

大きめに切る
野菜も肉も、細切りにせずあえて大きめ&太めに切ることで食感がよくなり、食べごたえのある仕上がりになります。

手順4 炒める(1)

手順4 炒める(1)

フライパンにオリーブ油を入れて中火で熱し、豚肉を炒める。

手順5 炒める(2)

手順5 炒める(2)

豚肉の色が変わったら、蓮根、パプリカの順に加えて炒める。

手順6 仕上げる

手順6 仕上げる

バルサミコ酢、醤油、みりんを加え、水分がなくなるまで炒め煮にする。仕上げに塩、黒こしょうをふる。

完成

完成

シャキシャキの蓮根に、太めに切った豚肉、そして肉厚のパプリカで、食べごたえ抜群のおかずおつまみに! お酒にもごはんにも合うので、家族の食卓におすすめです。