閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

金麦スタイル流おせち 
鯛なますの写真

金麦スタイル流おせち
鯛なます

食べる直前に鯛を和えて。
ひと工夫でおせちはこんなに愉しくなる!

2017年12月22日

1~2品、手づくりを入れれば
「わが家のおせち」に!

おせちの準備はどうしていますか?購入される方も少なくないと思いますが、幾品か手づくりのものが入るだけで「わが家のおせち」になります。人が集まるお正月。食卓を華やかに彩ってくれる、簡単かつ本格的な味わいのおせちをご紹介しましょう。食べる直前に鯛を加えて仕上げる「鯛なます」は、なますをせん切りにせず、半月切りにして見栄えよく。なますだけでもちょっとした箸休めになるので、少し多めにつくっておいても良いですね。ふだんのおかずにもなるのでつくり方を覚えておくと重宝します。

材料(2~3人分)

  • 蓮根 120g
  • 大根 120g
  • 鯛(柵) 150g
  • 酢水 水400ml+米酢小さじ1
  • 柚子の皮(せん切り) 1/2個分
  • 適量

  • 【甘酢】
  • ・出汁 100ml
  • ・米酢 80ml
  • ・みりん 50ml
  • ・砂糖 大さじ2
  • ・淡口醤油 小さじ1/2
  • ・塩 2つまみ

手順1 下ごしらえ(1)

手順1 下ごしらえ(1)

蓮根の皮をむき、薄切りにして酢水に3分ほど浸す。酢小さじ1(分量外)を加えた湯で2分ほど茹でる。大根は皮をむいて薄切りにし、1分ほど茹でる。粗熱を取って絞る。

蓮根と大根は2mm厚に
蓮根と大根は厚すぎたり、火の入りが悪かったりすると、水気を絞った時に割れてしまいます。薄く均一にスライスして。

手順2 下ごしらえ(2)

手順2 下ごしらえ(2)

鯛は厚さ5㎜のそぎ切りにし、両面に薄く塩をふって30分置き、水気を拭う。鍋に甘酢の材料を合わせてひと煮立ちさせ、冷ます。

手順3 合わせる

手順3 合わせる

ボウルに甘酢、蓮根、大根、柚子の皮を入れて合わせ、30分ほどおいて味をなじませる。

手順4  仕上げる

手順4  仕上げる

なますに削ぎ切りにした鯛を合わせ、10分ほど味をなじませてから盛りつける。

鯛は食べる直前に合わせます
鯛は甘酢に長く漬かると締まり過ぎるので、食べる10分ほど前になますと合わせ、味をなじませます。

完成

完成

昆布は取り出した後、細く切って結べば「結び昆布」になります。鯛なますは、鯛を入れる前なら冷蔵庫で4~5日間ほどは保存できます。