おいしく料理する

ビタミン野菜たっぷり
スズキのオランダ煮の写真

ビタミン野菜たっぷり
スズキのオランダ煮

油で揚げて煮る「オランダ煮」。
彩り野菜と旬の魚を使って栄養たっぷり、華やかに。

2012年06月01日

揚げて煮るから、うまみがぎゅっ!
お酢で仕上げて、さっぱり味に。

材料を油で揚げたり、焼いたりしてから煮たものを「オランダ煮」といいます。貿易の街・長崎に伝わる料理で、西洋の調味料や調理法を取り入れたことから、「西洋風の」という意味で「オランダ」と呼んでいたのが名前の由来とされています。
夏野菜の代表格であるナスはオランダ煮にすると、とってもおいしい食材。油と相性がよく、味も染み込みやすいので、しんなりとおいしく仕上がります。今回は旬のスズキ、ビタミン豊富な彩り野菜をたっぷり加え、栄養満点の華やかなメインディッシュに仕上げます。
スズキは片栗粉をつけてカリッと揚げれば煮崩れしにくく、うま味もキープできます。野菜もサッと素揚げすると、色鮮やかに。煮汁にはお酢を加えてさっぱりと仕上げました。
ジメジメと蒸し暑い日には、冷蔵庫で冷やしてから食べてみてください。口の中に魚や野菜のうまみがひんやりと広がって、気分もさっぱりしますよ!

材料(2人分)

  • スズキ 2切れ
  • 塩、こしょう 適量
  • 片栗粉 大さじ1
  • ナス 2本
  • パプリカ 1こ
  • アスパラガス 2本
  • ミニトマト 8こ
  • 揚げ油 適量
  • 600cc
  • 昆布 5×15cm
  • 醤油 大さじ5
  • みりん 大さじ3
  • 大さじ2

手順1 下ごしらえ

手順1 下ごしらえ

スズキを一口サイズに切り、塩、こしょうで下味をつけて片栗粉をまぶす。

手順2 切る

手順2 切る

ナスは横半分に切ってから、縦半分(大きい場合は縦3~4等分)に切る。パプリカは細切りする。アスパラガスはピーラーで皮をむき、斜め4cm幅に切る。ミニトマトはヘタをとる。野菜の水気をしっかりと切っておく。

手順3 揚げる

手順3 揚げる

油を170度に熱してナスを30秒、パプリカを30秒、アスパラガスを30秒、ミニトマトを20秒、それぞれ素揚げする。スズキは表面がカリッとするまで2~3分程揚げる。

野菜はサッと揚げよう!
野菜はそれぞれ20~30秒ずつ、サッと揚げると、食感を損なわず、色もきれいに仕上がります。ナスは皮目から揚げると退色しにくいですよ。

手順4 煮る

手順4 煮る

鍋に水を入れ、昆布をキッチンバサミで3ミリ幅に切りながら加える。醤油、みりん、酢を加えて中火にかけ、沸騰したらスズキ、ナス、パプリカ、アスパラガス、ミニトマトを加える。

手順5 冷ます

手順5 冷ます

ひと煮立ちしたら火を止め、30分おいて冷まし、味をなじませる。

完成

完成

野菜だけでなく、煮汁もおいしいのでぜひ味わってみて。ごはんにかけたり、素麺を入れたりしてもおいしいですよ!