閉じる

カテゴリーからレシピをみる

季節

閉じる

おいしく料理する

秋野菜の落花生和えの写真

秋野菜の落花生和え

秋の蕪と大根、新鮮なマッシュルームを生のままつかった和えもの。
香ばしくコクのある落花生が、秋野菜のほのかな甘みを引き立てます。

2015年10月02日

落花生の食感が愉しめる
食卓に秋を運ぶ和えもの。

おつまみにそのまま食べることの多い落花生ですが、この時期は新物も出回るので、料理にも使ってみてはいかがでしょう。煎りたてを砕いてマヨネーズ、砂糖、醤油、米酢と合わせ、和え衣に。野菜は、ほのかな甘みのある大根と蕪、マッシュルーム。すべて生のまま、甘みとみずみずしさを生かします。粗く砕いた落花生のカリカリした食感がコントラストを生み、秋野菜を引き立てます。米酢の代わりにすだちの搾り汁を使えば、さらに秋らしく、香り豊かに仕上がります。

材料(2人分)

  • 落花生 30g(30~40g)
  • 大根 5㎝(約200g)
  • 1個(約100g)
  • マッシュルーム 4個
  • 銀杏(水煮) 10~12粒
  • 菊の花 適量

  • 【和え衣】
  • ・マヨネーズ 小さじ1/2
  • ・砂糖 大さじ1
  • ・醤油 小さじ1/2
  • ・米酢 大さじ2  ※あればすだちの搾り汁大さじ1+米酢大さじ1

手順1 混ぜる

手順1 混ぜる

大きめのボウルにマヨネーズ、砂糖、醤油を入れて混ぜ、最後に米酢を合わせて和え衣をつくる。

米酢は最後に入れる
米酢の酸でマヨネーズが分離することがあるので、米酢は最後にゆっくり加え混ぜていきます。

手順2 剥く

手順2 剥く

落花生を殻から出して、薄皮を剥く。

手順3 砕く

手順3 砕く

落花生を厚手のビニール袋に入れ、麺棒やすりこぎなどで叩いて砕く。

落花生は適度な大きさを残す
落花生のカリカリした食感が楽しめるよう、細かすぎない程度に砕きます。ビニール袋は、破れないよう厚手のものを使いましょう。

手順4 切る(1)

手順4 切る(1)

大根は皮を剥いて薄くいちょう切りに、蕪は皮を剥かずに(硬ければ剥く)そのまま薄く半月切りにする。

手順5 切る(2)

手順5 切る(2)

マッシュルームは土を払い落として薄くスライスする。

マッシュルームは水洗いしない
マッシュルームは水に浸すとすぐに痛むので、洗わずに、キッチンペーパーなどで土を払い落とします。

手順6 和える

手順6 和える

和え衣を作っておいたボウルに落花生、大根、蕪、マッシュルーム、銀杏を入れて全体を和える。

手順7 盛る

手順7 盛る

器に盛り、ほぐした菊の花を散らす。

完成

完成

おいしくいただくには食べる直前に和えること。出初めの柿を大根や蕪のようにスライスして加えれば、柿の甘味で趣の違う一皿になります。