家庭菜園Q&A/ピーマン・ししとう

実が成らず、花がポロポロ落ちてしまいます。

日射量不足、肥料不足を疑います。

枝の節だけでなく、果肉も紫色に変色してきたものがある。

果実に色素が沈着したためで、ピーマン・ししとう、トウガラシの類では良く見られます。
過乾燥になったり、強い直射日光に当たり過ぎると、果実が強日射から種子を守るため色素を合成しておきる症状です。特に問題は無く、実も食せます。

実に細長い黒色のスジが入りますが、病気でしょうか。

低温期・日射量不足時に発生する生理障害を疑います。9月以降の気温が下がってきた頃に発生しやすい症状です。

茎葉は良く繁っているが収穫量が減ってきた

窒素過多または過繁茂により株が弱っている可能性があります。生育旺盛なため、葉が茂りすぎると風通しや日照が悪くなり病害虫が発生しやすくなったり、実がつきすぎて株が弱ります。枝を間引いたり適宜整枝してください。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ