ピーマン・トウガラシ

栽培カレンダー

ピーマン・トウガラシの栽培カレンダー

ピーマン・トウガラシの育て方

土づくり

日当たりが良く、できるだけナス科を連作していない場所を選びましょう。

植えつけ2~3週間前

堆肥2kg/㎡、苦土石灰100g/㎡を混ぜ、よく耕して土づくりをしておきます。

植えつけ1週間前

ピーマン・トウガラシの土づくり 植えつけ1週間前

配合肥料[8 - 8 - 8]など100g/㎡を混ぜ込み、畝をつくります。ピーマンは低温に弱いため、マルチフィルムを張り、地温を上げると生育初期の活着がよくなります。

植えつけ

ピーマン・トウガラシの植えつけ

高温を好む作物です。特に定植時の湿気に気をつけましょう。関東地方でも4月下旬以降が推奨。
低温期に定植する場合は、苗カバーなどで保温に努めましょう。
畑の場合、株間50cm以上とします。
植えつけ直後は細めの仮支柱を立てます。植えつけ直後は細めの仮支柱を、完全に活着するころには 1mほどの太くて丈夫な本支柱を立てます。株間50cm程度あけてください。

植えつけ1週間前

ピーマン・トウガラシの誘引

生長とともにこまめに誘引します。誘引ヒモは「8の字」に、茎と支柱の間にゆとりを持たせて結びます。

コンテナ・プランターの場合

ピーマン・トウガラシのプランターへの植え付け

土の容量が15L以上の大きめの鉢を選びます。日当たりのよい場所に置きましょう。有機質に富んだ、水はけが良く、保肥力のある野菜用培養土を選びます。入れる量はウォータースペースを残し、8~9分目程度にしておきます。

わき芽かき

ピーマン・トウガラシのわき芽かき

着果したところから分枝します。

一番花が咲いてきたら自然に分枝を始め、その後も着果ごとに分枝していきます。主枝を支柱に誘引すれば、その後はそのままで大丈夫です。一番花より下にある小さなわき芽は、取り除くようにしましょう。分枝した枝先に多く果実が実るころ、補助的にヒモで誘引すると枝折れを防ぐことができます。

摘果

摘果は特に必要ありませんが、株の生長を促進させるため、一番果は早めに収穫しましょう。

追肥

ピーマン・トウガラシの追肥

畝の両側に1株あたり、配合肥料50g程度すき込みます。

一番花が咲いてくるころ、最初の追肥をします。ピーマンは比較的肥料を好みますので、その後は約3週間おきを目安に適宜追肥します。
肥料切れ、水切れで簡単に花を落とし、なかなか実がつかない、というケースも多くあります。
分枝が多く、その先に沢山の果実を、長い期間つけるので、適切な追肥が特に重要です。
ただし、元肥はやや控えめに、収穫開始後はコンスタントに追肥を行いましょう。
また、カルシウム(Ca)不足による尻腐れも時折あります。
栽培が長期にわたりますので、土づくりのタイミングで石灰資材を入れるほか、栽培中も適宜、市販の野菜栽培用の葉面散布剤などの使用をおすすめします。

収穫

『本気野菜グルメピーマン』は熟す前の若い果実を収穫することで、柔らかく、フレッシュなおいしさが味わえます。開花後10~20cmの大きさになったら、順次収穫します。「若穫り」することで、なり疲れすることがなく、多くの果実を秋頃まで長く収穫することができます。赤く熟すまで待って食べてもよく、この場合はより甘みが強くなります。「若穫り」のタイミングは、若獲りグリーンホルンは大きさ10~13cm、若獲りライムホルンは15cm前後、甘ししとうは10~18cm。枝を傷めないよう必ずハサミを使いましょう。

※甘ししとうは栽培環境により稀に辛味が生じることがあります。

ピーマン・トウガラシの食べごろ

ピーマンの若どり

【before】若いうちに収穫し、柔らかくフレッシュな味わいを楽しみましょう。

ピーマンの完熟どり

【after】いくつかの果実は完熟させてみるのもよいでしょう。

ピーマン・トウガラシの収穫

トウガラシの場合:それぞれの品種の収穫適期での収穫をおすすめします。若い緑果実を利用することも、赤くした完熟果実を利用することもでき、両方お楽しみいただけます。

トウガラシ品種は栽培環境により辛さに変化があります。調理利用にあたっては、少量ずつ試し、辛さをご確認の上、ご利用ください。

摘芯

特に摘芯は必要ありませんが、栽培後半に株が乱れてきたら、適宜整枝します。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ