沿革

1980年代よりサントリー株式会社(現サントリーホールディングス株式会社)では、花を「人々の生活に潤いをもたらし、心の健康をもたらすもの」と位置づけ、酒類・食品分野で培った基礎研究を応用し、植物の研究開発を行うとともに、お客様に“花のあるくらし”を提案してきました。
事業の拡大にともない、2002年7月にサントリー株式会社(当時)より分社独立し、サントリーフラワーズ株式会社が設立されました。現在では、グローバルフラワーカンパニーをめざし、世界20数ヶ国で事業を展開しています。

会社概要

1980年代~ 花の研究開発着手
1989年 「サフィニア」3種発売により花苗分野へ参入
1990年 「青いバラ」開発を目指し豪州ベンチャー企業カルージンパシフィック社(現フロリジン社)と提携
1992年 花事業部新設
海外での販売開始
1995年 フロリジン社と共同で遺伝子組み換えの青系カーネーション「ムーンダスト」開発
1997年 世界初、青いカーネーション
「ムーンダスト」発売
2002年 サントリーフラワーズ株式会社設立
2004年 「青いバラ」開発成功
2008年 野菜苗「サントリー本気野菜」シリーズ発売
2009年 サフィニア発売20周年
花鉢「プリンセチア」発売
青いバラ「サントリーブルーローズ アプローズ」発売
2016年 野菜青果「サントリー本気野菜」シリーズ発売
2019年 「サフィニア」発売30周年

2002年7月以前はサントリー株式会社(当時)花事業部での沿革です。

ページの先頭へ

ページの先頭へ