濃い花野菜

栽培カレンダー

濃い花野菜の栽培カレンダー

濃い花野菜の育て方

植えつけ

日当たりと風とおしが良い場所を選びましょう。プランター、ポット栽培の場合でも半日以上日光が当たる場所で育てます。
植えつけ2週間ほど前に、堆肥2kg/㎡、苦土石灰100g/㎡を混ぜ、よく耕しておきます。
植えつけ1週間前で元肥として、有機質を多く含む配合肥料[8 - 8 - 8]などを100g/㎡を混ぜ込み、株間40cmで定植します。

コンテナ・プランターの場合

有機質に富んだ、水はけが良く、保肥力のある、野菜用培養土を選びます。必要に応じて元肥を適宜混ぜ込んでおきます。植え付けは7号鉢に1株、65cmプランターに2株を目安に。

追肥

葉枚数が7~8枚になる頃、有機質主体の肥料を株元(20~30g/株目安)にすき込みます。頂花蕾を収穫した後は、側花蕾の形成のため、忘れずに液肥を施しておくようにします。​

水やり

定植時はしっかり水を与えます。その後は根がしっかり張り活着するまでは水を控えめにします。生育期は地表部が乾いてきたらしっかり与えましょう。「乾燥させてから水を与える」、メリハリつけた水やりが重要です。

収穫

栽培環境、生育状態により肥大サイズが変化するので、サイズに因らず花蕾の肥大が停止したら収穫しましょう。花蕾が10cmほど伸びてきたら生え際から花茎ごと収穫しましょう。花蕾が緩みにくい品種ですが、花蕾が開いて色づいてくると食味風味が落ちますので、早めの収穫をお奨めします。

<収穫タイミング目安>

おかわりブロッコリー

収穫タイミング目安:頂花蕾が直径15~20cmに肥大した頃。

カリッコリー

ブロッコフラワーのボトニング株​

右がボトニング株

収穫タイミング目安:ライムグリーンの花蕾が直径15~18cmに肥大した頃。
15度以下の低温に長く遭遇すると早めに花蕾が形成されることがあります(*ボトニング)。

「おかわりブロッコリー」も「カリッコリー」も頂花蕾収穫後、側花蕾が出現しやすい品種です。直径が3~5cm(ピンポンボール大)になったら収穫できます。

側花蕾が出現しやすい​本気野菜のブロッコリー​

側花蕾が出現しやすい​本気野菜のブロッコフラワー​

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ