家庭菜園Q&A/キュウリ

栽培環境について
ベランダ栽培の場合、まずプランターの選択が重要です。キュウリは比較的根を薄く張りますので、丸鉢よりも横広型のプランターを選択しましょう。容量は15L以上25L程度あることが望ましいです。
定植後一週間以内に萎れてしまった。どうして?
風の強い4-5月頃の定植でよく起こるトラブルです。定植直後、葉が大きく風の抵抗を受けやすいキュウリは、株が大きくぐらつき、根を物理的にいためてしまうことがあります。
また急激な温度低下などで、低温により枯死することもあり、定植後は苗を保護するキャップや、仮支柱を用いて養生することが望ましいです。
節成り性と飛び成り性の違いは?また、育て方に違いはあるか?
節成りタイプは主枝の雌花着花率が高く、主枝を伸ばして収穫を進めていきます。
飛び成りタイプは、主枝と側枝でバランスよく雌花をつけていくタイプです。
つるの伸ばし方、摘芯の仕方については、キュウリの育て方ページをご覧ください。
支柱について
キュウリはネット仕立てをオススメします。支柱の場合、縦・横に支柱を組み合わせて作ると伸ばしやすくなります。
白い斑点が出ました。
うどんこ病を疑います。十分な日当たりと肥料を与えるようにしてください。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ