濃いリーフベジ

濃いリーフベジの育て方

植えつけ

日当たりと風とおしが良い場所を選びましょう。プランター、ポット栽培の場合でも半日以上日光が当たる場所で育てます。
植えつけ2週間ほど前に、堆肥2kg/㎡、苦土石灰100g/㎡を混ぜ、よく耕しておきます。
植えつけ1週間前で元肥として、有機質を多く含む配合肥料[8 - 8 - 8]などを100g/㎡を混ぜ込み、株間30~40cmで定植します。

コンテナ・プランターの場合

有機質に富んだ、水はけが良く、保肥力のある、野菜用培養土を選びます。必要に応じて元肥を適宜混ぜ込んでおきます。

ー植え込み株数 目安ー

濃いパクチー、濃いルッコラ、濃いイタリアンパセリ、濃いバジル(スイートバジリコ、グルメバジリコ、ライムバジリコ)
65cm横長プランターに2~3株、または7号鉢に1株

濃いカーリーケール
65cm横長プランターに1~2株、または7~8号鉢に1株

追肥

定植後1ヶ月以上経過し、葉枚数が増えてきたら、適宜有機質の肥料を株元(20~30g/株目安)にすき込みます。生長が穏やかになる厳冬期以外は野菜用の液肥を水やりに代わり与えてもよいでしょう。

水やり

定植時はしっかり水を与えます。その後は根がしっかり張り活着するまではまで水を控えめにします。生育期は地表部が乾いてきたらしっかり与えましょう。乾燥させてから水を与える、メリハリつけた水やりが重要です。

収穫

濃いリーフベジは常備菜としてご利用いただくことをお勧めします。定植後20日~30日ほど経過し、ある程度葉枚数が増えてから収穫を開始します。収穫は、株全体を抜いてしまわず、「一番外の葉」から順番に摘み取り、常に10枚以上の葉を残しながら収穫を続けると長く利用することが出来ます。

定植

葉野菜の植え付け

日当たりの良い屋外で管理しましょう。

初秋~晩秋

葉野菜の収穫ポイント

生長とともに「外葉」から収穫してください。

冬越し~春

葉野菜の冬越し

厳冬期は生長が緩やかになりますが、初春から再び収穫できます。

「濃いルッコラ」の場合

花芽も食べれる濃いルッコラ

葉とともに花芽も食べることができます。開花する前の蕾の花芽は甘く、特に香りが豊かで美味しいです。春以降、花芽が特に多く立ち上がりますので是非収穫してお召し上がりください。

株管理のポイント

「濃いパクチー」「濃いルッコラ」「濃いイタリアンパセリ」「濃いバジル」の場合、より早く収穫をいただけるよう複数の種子を発芽させた苗でお届けしています。香草野菜の場合、ある程度の徒長はむしろ茎葉が柔らかく、食べやすくなり問題ありませんが、定植後株元が混みあい、著しく徒長した場合には、丈夫な株を数本残して株元から抜き取るか、摘芯することをお勧めします。
株の中心から花芽が立ち上がってきたら、早めに株元から切り取り、収穫部位である茎葉の生長を維持、促進させます。収穫は香りのよい新梢を伸ばして、硬くなる前に収穫するようにします。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ