Liqueur & Cocktail

  1.  花より団子。咲き誇って見得を切り、人の心を惹きつけながらはかなく舞台を去る桜は……
    続きを読む

  2.  シズル感のあるフルーテイーなリキュールを飲んだ。「ミスティア」。マスカットから……
    続きを読む

  3.  記憶の海に沈んでしまっていた曲が、映画の中でよみがえったことがある。……
    続きを読む

  4.  船着場を目の前にしたコロニアル様式の建物の2階にレストラン・バーはあった。……
    続きを読む

  1.  葡萄の実りの知らせが届きはじめた。夏の陽光をたっぷりと浴びて糖を蓄えた……
    続きを読む

  2.  スコットランドを旅すると、光と影を強く意識する。それは谷崎潤一郎が著した……
    続きを読む

  3.  天高く、秋真っ盛り。そろそろ木枯らしがそわそわと出番待ちする頃だが、……
    続きを読む

  4.  向田邦子は小説『あ・うん』の中で、“コーヒーには秘密が似合うような……
    続きを読む

  1.  世界一美しいパステル画は、スイスの画家ジャン・エチエンヌ・リオタール作……
    続きを読む

  2.  ロンドン、セント・ジェームス地区にあるデュークス・ホテルのバーに久しく……
    続きを読む

  3.  由紀さおりとピンク・マルティーニのコラボレーションに欧米が酔いしれて……
    続きを読む

  4.  「キッス・イン・ザ・ダーク」。接吻のときめきなんて忘れてしまったオジサンにとって……
    続きを読む

  1.  ザ・ビーチ・ボーイズのハーモニーが夏の到来を告げる。こんな書き出しが通じたのは……
    続きを読む

  2.  トム・クルーズ主演の映画『カクテル』(1988年制作)を観たことがない。ところが……
    続きを読む

  3.  18世紀頃までのヨーロッパでは、宮廷人はもちろん政治家や知識階級はフランス語を……
    続きを読む

  4.  ウオツカというのは謙虚なスピリッツである。先日「ゴッド・マザー」を久しぶりに飲んで……
    続きを読む

  1.  サイモン&ガーファンクルの歌声で知られる『スカボローフェア』はとても不思議な詩だ。……
    続きを読む

  2.  ベートーベンの『交響曲第5番ハ短調 作品67』は『運命』という別称で知られている……
    続きを読む

  3.  アーネスト・ヘミングウェイの『海流の中の島々』(新潮文庫)は、若い頃のわたしにとって……
    続きを読む

  4.  スペイン、アンダルシア州カディス県はフラメンコとシェリー酒で知られる。南に位置し……
    続きを読む

  1.  ミントの葉を使うカクテル、モヒートやミントジュレップの人気が近年高まっているが……
    続きを読む

  2.  前回のエッセイ『サマー・タイム・ジュレップ』において、アメリカの19世紀前半……
    続きを読む

  3.  メキシコのマリアッチという楽団が演奏する曲で世界的によく知られているのは『シエ……
    続きを読む

  4.  秋から冬にかけて、食後酒としてふさわしいカクテルを紹介しよう。美しい薔薇色。……
    続きを読む

  1.  バーでカクテルの女王「マンハッタン」をオーダーすると、決まって自分の……
    続きを読む

  2.  ジュリーこと沢田研二という歌手をいまのヤングはどれほどに知っているだろう……
    続きを読む

  3.  飛行機の航続距離がいまのように長くなかった時代、空港待合室のパブで生まれた……
    続きを読む

  4.  パリのオペラ座近くにあるハリーズ・ニューヨーク・バーを訪ねた日本人はかなりの数に……
    続きを読む

  1.  フレーバードウオツカ「ズブロッカ」のまろやかながら独特の味わいは、……
    続きを読む

  2.  シャープでスイートと言うべきか。ドライのようでスイートと言おうか……
    続きを読む

  3.  何度も観たという映画が、誰にもいくつかあるだろう。『ローマの休日』は……
    続きを読む

  4.  トマトの季語は夏なのだが、食べて美味しいのは春から初夏、秋から初冬の期間らしい……
    続きを読む

  1.  ハーブ系リキュールとして名高い「シャルトリューズ」の製造管理をしているのは……
    続きを読む

  2.  「マティーニ」を語るのは、できるならば避けたい。レシピがあってないようなもので、……
    続きを読む

  3.  ブロードウェイ・ミュージカルをちゃんと観たことがない。途中、必ず眠ってしまうのだ……
    続きを読む

  4.  太平洋戦争前夜の銀座のバーでは「ブラジン」、ブランデーのジンジャーエール割が……
    続きを読む

  1.  メキシコの酒テキーラづくりにはヒマドール(jimador)という仕事人がいる。以前、何の仕事に……
    続きを読む

  2.  寒い季節、身体を温めてくれるドリンクはさまざまにある。日本には卵酒や生姜湯などがあるが……
    続きを読む

  3.  時の流れやその勢いに取り残されていくものがある。やがて古くさい、時代遅れ、と相手にされなくなる……
    続きを読む

  4.  行ってみたい島のひとつにマデイラ諸島の主島、マデイラ島がある。地図で探すのは簡単で、モロッコの……
    続きを読む

  1.  大好きなカクテルを紹介するのはなかなか厄介なことだ。「シャムロック」なのだが……
    続きを読む

  2.  マサチューセッツというアメリカの州名を知ったのは1967年か68年、小学3、4年生の頃だった……
    続きを読む

  3.  今年、誕生100周年を迎えたカクテルがある。「シンガポール・スリング」。シンガポールのラッフルズ・ホテルで生まれた……
    続きを読む

  4.  地名を冠したスタンダードカクテルがいくつもある。でも、なんで東京というメジャーな……
    続きを読む

  1.  先日、「ワード・エイト」(Ward Eight)をはじめて飲んだ。このカクテルはメジャーではないが……
    続きを読む

  2.  気になりながら試したことがないカクテルのひとつに、ウイスキーベースの「ホール・イン・ワン」がある……
    続きを読む

  3.  紅茶の国といえばイギリスである。減少傾向といわれるものの、国民1人当たりの……
    続きを読む

  4.  イタリアのルネサンス期、ベルナルディーノ・ルイーニ……
    続きを読む

  1.  パンドゥーラという楽器を知ったのはウクライナ出身の……
    続きを読む

  2.  ラムという蒸溜酒は、英国海軍と深い関わりがある。……
    続きを読む

  3.  パリにシャンゼリゼという大きな通りがあることを知ったのは……
    続きを読む

  4.  時は1587年。2年前から断続的にはじまったイングランドと……
    続きを読む

  1.  ロンドンの中心部、テムズ川の河畔にウェストミンスター宮殿が……
    続きを読む

  2.  酒場で小説の話になると、決まって「小、中、高と3回、太宰治の……
    続きを読む

  3.  メキシコの太平洋岸、ゲレーロ州アカプルコはリゾート地として……
    続きを読む

  4.  ビールはただキンキンに冷やせばいいってものじゃないらしい……
    続きを読む

  1.  旅の記憶が蘇るのはどんな時だろうか。わたしは写真機というものを持ち歩かない……
    続きを読む

  2.  いくつかのカクテルブックを眺めると、アルファベット順索引の……
    続きを読む

  3.  フランス北西部ノルマンディー。この地方の存在は映画で知った。『シェルブールの……
    続きを読む

  4.  またまた長年、気になってしょうがなかったカクテルを紹介する。なんだか変わった古臭いレシピだし……
    続きを読む

  1.  日本中にイタリアンレストランがあふれる少し前、1980年代後半のことだった……
    続きを読む

  2.  先日、例によって気になっていたカクテルをまた試してみた。『ウイスキー・カクテル……
    続きを読む

  3.  テキーラベースのカクテル「マタドール」と「メキシカン」のふたつを紹介しよう……
    続きを読む

  4.  スイカに塩を振ると、スイカが甘く感じられる。味覚の世界ではこの現象を対比効果というらしい……
    続きを読む

  1.  オペラ史上、偉大なテノール歌手のひとりエンリコ・カルーソー(1873−1921/伊語発音はカルーゾ)の名に……
    続きを読む

  2.  一攫千金。一度にたやすく利益を得ることを言う。19世紀に北米で起こったゴールドラッシュに……
    続きを読む

  3.  イタリア・ヴェネツィア、サンマルコ広場のほど近く、エリザベスII女王も訪れた世界的に名高いバー……
    続きを読む

  4.  今、ホセ・フェリシアーノが歌う『ケ・サラ』を聴きながら書いている。……
    続きを読む

  1.  最近、酒っていうのはほんとうに素晴らしいものだとつくづく感じ入る。……
    続きを読む

  2.  カクテルの王「マティーニ」の誕生説はさまざまに語られている。……
    続きを読む

  3.  欧米の人たちは病気で臥せっている訳でもないのに、ベッド上でよく飲食をする。……
    続きを読む

  4.  「ウンダーベルク」は、わたしに音楽を運んでくる。……
    続きを読む

  1.  お恥ずかしい話をする。実はわたしはこれまで、星座というものにまったく関心がなかった。……
    続きを読む

  2.  ウオツカはすっきりとした透明感、クセのあまりない清冽な味わいのスピリッツだ。……
    続きを読む

  3.  桃始笑。“もも・はじめて・さく”あるいは“わらう”と読む。……
    続きを読む

  4.  桃や桜の花で里山がピンクに染まる日本の春。……
    続きを読む

  1.  アルファベット26文字の最後の3文字を冠したカクテルがある。……
    続きを読む

  2.  今回は「ガルフストリーム」というフルーティーで清涼感のある、これからの季節にはぴったりのカクテルをご紹介する。……
    続きを読む

  3.  ウオツカベースでとてもすっきりとしていて飲み口のいいカクテルのひとつに「ソルティ・ドッグ」がある。……
    続きを読む

  4.  アメリカのカリフォルニア州ロサンゼルス近郊にサンタモニカという名高いビーチがある。……
    続きを読む

  1.  長年、カクテルのいちばん人気は「ジン・トニック」である。……
    続きを読む

  2.  ライムジュースにジンとソーダ水。「ジン・リッキー」はとてもシンプルで、……
    続きを読む

  3.  生足(ナマ足、生脚)って言葉はいつ頃から使われ出したのだろうか。……
    続きを読む

  4.  フランス・ノルマンディー地方特産のりんごを原料にした蒸溜酒、カルヴァドスを語った文章でよく登場してくるのが、……
    続きを読む

  1.  一杯のカクテルから一つの曲が浮かんだ。……
    続きを読む

  2.  いま料飲店では「角ハイボール」や「ビームハイボール」といったウイスキー&ソーダとともに。……
    続きを読む

  3.  クラフトジンが注目され、「ジャパニーズクラフトジン[ROKU]」の海外での評価も高い。……
    続きを読む

  4.  レモンという果実には不安定な不思議な魅力がある。色のせいだろうか。……
    続きを読む

    連載最新エッセイへ