Liqueur & Cocktail

カクテルレシピ

ゴッド・マザー

ピナクル ウオツカ 45ml
ディサローノ・
アマレット
15ml
ビルド/ロックグラス
氷を入れたグラスに注ぎ、
ステア。

マドンナ・オブ・ジ・アーモンド

ディサローノ・
アマレット
20ml
モーツァルト・
チョコレート
クリーム
20ml
クルボアジェV.S.O.P. 10ml
生クリーム 10ml
シェーク/カクテルグラス
十分にシェーク。

ディサローノ・コーヒー

ディサローノ・
アマレット
30ml
砂糖(ザラメ) 1tsp.
コーヒー
(ホット濃いめ)
適量
生クリーム 適量
ビルド/ワイングラス
グラスにザラメと
ディサローノ・アマレットを入れ火にかけ軽くフランベする。
コーヒーを注ぎ、ホイップした生クリームをフロートする。
*連載27回を参照のこと

小説にもなったリキュールの愛

イタリアのルネサンス期、ベルナルディーノ・ルイーニ(Bernardino Luini/1480・1482頃~1532)という画家がいた。一説にはレオナルド・ダ・ヴィンチの下で仕事をしていた時期もあったといわれており、彼の遺した絵画にはダ・ヴィンチ作と見まがうような作品が多い。

聖母マリアだけでなく女性を描いたルイーニの作品にはダ・ヴィンチの影響がはっきりと見受けられる。ただいくつかの作品を観ていくうちに素人目にもふたりの違いがわかってくる。感覚的に言うならば、ダ・ヴィンチの描く女性はどことなくクールで、ルイーニには艶(つや)を感じる。リキュール「ディサローノ・アマレット」の誕生秘話と結びつけたくなるような甘美さがある。

誕生秘話に関しては連載第3回『切ない恋の伝説』で述べているが、あらためて簡単に説明しておく。

1525年、ルイーニはロンバルディア州の都ミラノの北、サローノの町にあるサンタ・マリア・ディ・ミラーコリ教会(1498年創建、1508年完成)にキリスト生誕のフレスコ画を依頼されて出向く。伝えられている話として、彼は町の旅籠の女主人をモデルにして聖母マリアを描いたとされている。制作中にルイーニと女主人は惹かれ合うが、別れの時がやってくる。ルイーニは次のクライアントに向かう旅立ちに際して女主人の肖像画を描いて贈り、彼女は返礼に芳香成分に杏(あんず)の種子の核を使ったアーモンドに似た香りのするリキュールを手渡した。

これが「ディサローノ・アマレット」の伝説である。この話は小説化されており、2006年にイタリアの女流作家マリナ・フィラートが『マドンナ・オブ・ジ・アーモンド』(Madonna of the Almonds)のタイトルで出版。さらにフィラート女史はイギリス最古の香水商、フローリス(FLORIS)に物語をイメージした香水を依頼し、2010年には小説と同名の香水が発売されてもいる。

フローリスに関しては連載第10回『ボンドとデュークス・バー』で007、ジェームズ・ボンドの愛した香水で紹介しているのだが、時の流れというものはさまざまな面で結び合うものだと驚かされる。


旅籠の女主人は寡婦であった。戦争未亡人である。サローノの町が属しているロンバルディア州は1395年からミラノ公国としてつづいていたが、1494年から何度もフランスに侵攻されて戦いが繰り広げられている。おそらくその間の戦で夫は亡くなったのであろう。

彼女がルイーニに手向けたリキュールの風味は、杏の核がもたらす杏仁豆腐のような、アーモンドのような、フェミニンできっと切ない感覚に包まれていたことだろう。ルイーニが町を訪れた1525年はヴァロワ家(フランス)とハプスブルグ家(神聖ローマ帝国・スペイン)がイタリアでの覇権を巡り争っている最中でもあった。

1531年にルイーニは再びサンタ・マリア・ディ・ミラーコリ教会に戻り、フレスコ画を描き加えた。女主人と再会し、彼女のリキュールを再び味わうことができたと願いたい。翌年、ルイーニはミラノで逝去。サローノの教会で描いたルイーニの作品は、彼の最高傑作のひとつであるとされている。

ロベルトカヴァリがイメージさせた味

さてこの11月に数量限定で「ディサローノ・アマレット ロヴェルトカヴァリボトル」が発売された。イタリアのファッションブランド、ロベルトカヴァリとのコラボレーションによるアニマル柄をモチーフにしたオリジナルデザインボトルである。このボトルはルイーニの絵画の印象とは異なるものの、女性が生んだリキュールの誕生秘話にからんで、妖艶ともいえる印象を与える。

ロベルトカヴァリのデザインボトルを目の前にして、マドンナの味わいをどう楽しもうかと思案していると、仲良しのバーテンダーが「女性がらみで、ゴッド・マザーはいかがでしょうか」と声をかけてくれた。

たしかに。ウイスキーベースの「ゴッド・ファーザー」もいいが、アマレットの甘美な味わいをすっきりと堪能できるウオツカベースの「ゴッド・マザー」がふさわしい。

次にバーテンダーがオリジナルカクテルをつくってくれた。ブランデー、カカオリキュール、生クリームでつくる「アレキサンダー」のアレンジだという。

それは「ディサローノ・アマレット」にチョコレートリキュール「モーツァルト・チョコレートクリーム」、そしてコニャック「クルボアジェV.S.O.P.」に生クリームをシェークというもの。なかなかの逸品である。チョコレートと生クリームの組み合わせだからとても口当たりよく飲みやすい。口に含むとふんわりとアマレットの風味が浮かび上がる。そしてコニャックが味わい全体に豊かな厚みを与えているのだ。

カクテル名はすぐに決まった。「アレキサンダー」は男性名だが、もともとはイギリス国王エドワード7世の王妃アレキサンドラに捧げられたカクテルで「アレキサンドラ」と女性名だった。何故か時の流れのなかで男性名になってしまったのだ。「アレキサンドラ」のアレンジならば、これは小説のタイトルをいただけばいい。「マドンナ・オブ・ジ・アーモンド」しかない。

最後に「ディサローノ・コーヒー」をいただいた。こちらは「アイリッシュ・コーヒー」のアレンジである。アマレットとコーヒーも相性がいい。これからの寒い季節、ホットカクテルを飲みたくなった時に思い出していただきたい。

誕生から500年近く経った21世紀も、マドンナの愛情にこころ温められる。

「ディサローノ・アマレット」関連のエッセイはこちら

第3回「切ない恋の伝説」


ボンドの愛した香水に関するエッセイはこちら

第10回「ボンドとデュークス・バー」


「モーツァルト・チョコレートクリーム」関連のエッセイはこちら

第9回「チョコレートを飲む女」


「アイリッシュ・コーヒー」関連のエッセイはこちら

第27回「カクテルは空を飛ぶ」


イラスト・題字 大崎吉之
撮影 川田雅宏
カクテル 新橋清(サンルーカル・バー/東京・神楽坂)
バックナンバー

第44回
ニューヨーク
第45回
ワード・エイト
第46回
ホール・
イン・ワン
第47回
ティフィン

バックナンバー・リスト

リキュール入門
カクテル入門
スピリッツ入門