Liqueur & Cocktail

カクテルレシピ

エックス・ワイ・ジィ

ロンリコホワイト 2/4
ホワイトキュラソー 1/4
レモンジュース 1/4
シェーク/カクテルグラス

究極ではないけれど、とても美味しい

アルファベット26文字の最後の3文字を冠したカクテルがある。「X.Y.Z.」。

ホワイトラムをベースにホワイトキュラソー(オレンジリキュール)とレモンジュースをシェークして清涼感のある味わいに仕上げる。柑橘系のすっきりとした酸味と甘みが心地よい。

プエルトリコを代表するラムである「ロンリコ」をベースにしてよく飲む、好きなカクテルのひとつでもある。

多くのカクテルブックには“アルファベットの終わり3文字が締めの一杯を表す”、あるいは“これ以上はない、究極の、といった意味もある”などと書かれている。好むカクテルながら、その名が語る、最後、最上といった大袈裟なイメージはどうもピンとこない。

食前でもいける。デザートにシャーベットを食べる感覚で、口直しとしての食後酒にもなる。もちろん最後の一杯として寝酒にもなるだろう。いろんなシーンに対応できる味わいだから、まあ、最高、と言っていいのかもしれない。


『英国人デザイナーが教えるアルファベットのひみつ』(アンドリュー・ポセケリ著/村上玲、横山文子訳/エムディエヌコーポレーション刊)という一冊がわたしの書棚にある。

AからZまでの文字にどんなつながりがあり、歴史や英語圏の人たちがそれぞれの文字にどんなイメージを持っているか述べてある本だ。まだ読破してはいない。気になること、何かしら必要が生じたときに、ひとつふたつの文字の項を読む。今回、よくわからん名のカクテルを取り上げるので、あらためてこの一冊を開いてみた。

文字そのものの歴史的背景は置いといて、文字の持つイメージの世界だけを抜粋してご紹介しよう。

まずX。デザイナーである著者のポセケリ氏は、Xは“禁断のもの”を意味してきたと語る。“削除”のニュアンスがあり、一般的には未知のものを示す文字だそうだ。なるほど『X−Files』『X−men』といったSF的なイメージがある。

手持ちの辞書を開いてみるとXを頭文字とする単語は極めて少なく、1頁半ほどに収められている。多くは自然科学分野に関わる言葉だ。Xの前に母音文字を置いた単語がほとんどで、例としては、そう、まさにexample。

ではY。この文字はポジティブだという。joy(喜び)のイメージが強く、何よりもyesの頭文字である。単語末尾のy、happy(幸せ)、merry(陽気な)などが、misery(みじめな)、lonely(孤独な)などがあるにしても、陽気で幸せなイメージを強くしているらしい。

面白いことにポジティブながら不安定さもあるのがYだともいう。落ち着きがないらしい。数学においてはXYZの未知数の中央に位置しながら、XとZは未知のイメージに簡単に落ち着くが、Yは単語によっては自制の変化で違う文字になってしまい、どっちつかずなんだそうだ。魅力的で華やかなんだけれど、単語の末尾、二番手のイメージになるという。

最後にZ。ローマ人がギリシャ語の書き取りが必要となったために、最後にYとZを加えたものらしい。またXと同様に“未知”とか“外来の”といったイメージが強い。

映画の『Zorro』(怪傑ゾロ)のZは、エキゾチック、でワクワクするイメージにつながる。世界的に名高いラッパーであり音楽家のJay-Zも同様で、とってもクールなのだと述べている。

著者が幼少期に手にしたアルファベットの絵本の中で、Zの項はzebra(シマウマ)の絵であり、動物園(zoo)まで行かなくては見られないものだった。身近なapple、ball、cat、dogなどとは大きな違いがある。

XYZの関係を味わっていただきたい(

さてカクテル「X.Y.Z.」。カクテル名からは何かしら重々しいイメージを抱いてしまう。しかしながら味わいはグラスに注がれた色感同様に非常にすっきりしていて清涼感にあふれている。

名前とそのイメージを裏切る見た目、味わい。これはXとZの未知のワクワクする感覚と、Yのポジティブな明るさに潜むアンバランスさのサンドイッチなんだと無理矢理にこじつけたくなってしまう。

ブランデーベースの「サイドカー」をラムベースにアレンジして生まれたものだとの説がある。そうか、外来の落ち着きのなさから、そんなネーミングしたのだろう、なんて勘ぐりたくもなる。

第71回連載のなかで、「サイドカー」にホワイトラムを加えたものが「ビトウィーン・ザ・シーツ」であると紹介した。よかったらバーで「ビトウィーン・ザ・シーツ」、「サイドカー」、そして「X.Y.Z.」を試していただきたいとも述べた。どうでもいいことなんだが、なんだかこの3つがXYZの関係にあるような気がしてきて、頭が混乱してしまう。

まあ、こんなことは考えなくていい。正直にいえば、美味しいんだから、ネーミングなんてどうでもいいんだけれどね。

ホワイトラムをベースにしたカクテルは他に「ダイキリ」「ネバダ」もある。わたしはラムベースのすっきり甘酸系が口恋しくなったとき、「X.Y.Z.」も含めて、3つのなかからそのときの気分に合ったものを選んでいる。

味覚を覚えておくとオーダーするときに困らないから、この3カクテルを「ロンリコ ホワイト」ベースで一度試して、味わいを確かめていただきたい。

イラスト・題字 大崎吉之
撮影 児玉晴希
カクテル 新橋清(サンルーカル・バー/東京・神楽坂)

ブランドサイト

ロンリコ ホワイト
ロンリコ ホワイト

バックナンバー

第73回
キミア
第74回
ピナクル
ウオツカ
第75回
ファジー
ネーブル
第76回
ROKU
ジン・ビターズ

バックナンバー・リスト

リキュール入門
カクテル入門
スピリッツ入門