コロロの育て方

基本的な情報

キク科ムギワラギク属

植え付け株数目安 丸鉢プランター:1〜3株/30cm 横長プランター:2〜3株/65cm
花壇:9~10株/1㎡
置き場所 半日以上、直射日光の当たる屋外
水やり 土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりと
肥料 置肥、液肥を適宜
摘芯 不要
切り戻し 不要
夏越し
冬越し 可能(関東以西の温暖地域)

苗の植え付け

  • 植え付け株数目安を参考にプランターと土を用意して植え付けましょう。
  • 草花用培養土などの新しい土を使用しましょう。

詳しく見る:「植え付け」

水やり

  • 「土が乾いたら水をたっぷりと与える」のメリハリが大切です。
  • 土が乾いていないのに水を与え続けると根腐れの元となりますが、土が乾きすぎると花首が下を向いてしまう可能性もあります。

詳しく見る:「水やり」

肥料(追肥)

  • 植え付け時に土に含まれていた肥料は、徐々に効き目がなくなっていきます。花をたくさん咲かせるために、追肥として肥料を定期的に与えます。草花用の肥料をご用意ください。

詳しく見る:「施肥(肥料やり)」

【追肥の仕方】

  • 植え付けの約1ヶ月後から定期的に「置肥」をしましょう。(1ヶ月に1回が目安。)1ヶ月ほど経つと、置肥のかたまりが土にまだ残っていても効果はなくなっています。
  • 「液肥」を併用すると開花のパフォーマンスが高まります。液肥は植え付けの約2~3週間後から使用すると良いでしょう。

お手持ちの肥料に記載されている肥料の使用方法、濃度、頻度を参考にしてください。

元肥が含まれていない土の場合は、植え付け時に土に元肥を混ぜ込んでおきましょう。

花が咲いてきたら

  • 花を摘んでドライフラワーとして楽しむ事ができます。完全に開花する前くらいがちょうどよいでしょう。
  • 茎にワイヤーを挿して加工すると、いろいろなアレンジにも使えます。
  • 開花後時間が経ち、汚くなってきたら花茎ごと切り取りましょう。

切花にして花瓶に生けて楽しむ

ガラスの器に入れてポプリのように楽しむ

夏越し

  • 夏を乗り切れば、秋、翌春も花を楽しめます。そのためには春に十分に肥料を与え、株にボリュームをつけることが大切です。夏越しを目指す場合は、盛夏期は直射日光の当たらない風通しのよいところでの管理をおすすめします。酷暑のダメージが強い場合、残念ながら秋に開花しないこともありますが、翌春の開花を待ちましょう。

冬越し

  • 霜や雪に当たると枯れてしまうこともありますので、注意が必要です。厳寒期の夜間は、軒下や屋内など霜や雪の当たらない場所に取り込むことをおすすめします。移動が困難な場合はビニールなどで覆って、冷風に当てないようにしましょう。
  • 屋内で冬越しした場合、春になり気温が高くなってきたら少しずつ外気に慣らすようにし、日当たりのよい屋外に移動しましょう。
  • 真冬は肥料を控えめにしましょう。

霜よけの例(写真はボンザマーガレットです)

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ