基本的な育て方

お花をイメージ通りに咲かせるために、ガーデニングの基本的な流れとコツを掴んでおきましょう。

育て方の7つのステップ

①下準備

花苗の他に、鉢、用土、元肥、肥料のご用意を。
半日以上直射日光の射す日当りのよい屋外で管理しましょう。

元肥が含まれている用土を使用する場合、植え付け時の元肥は不要です。

詳しく見る:「鉢」

詳しく見る:「用土」

②植え付け

土を入れる量は、鉢の縁から2~3cm下まで!

まず苗の枯れた下葉を取ります。苗を鉢の中心に置いて、植え込みます。

この時、土を入れすぎると水管理が難しくなります。鉢の縁から2~3cm残し、ウォータースペースを作ることが大切です。

③摘芯(ピンチ)

植え付け後から2~3週間は新芽を切る摘芯を!

新芽がぴょんぴょん出てきたら摘芯(ピンチ)をしましょう。鉢からはみ出した新芽をカットします。

摘芯をすると横から新芽が出て、枝数も花数もぐっと増えます!鉢全体が葉で覆われるまで2~3回繰り返すのが理想です。

④水やり

「乾」と「湿」のメリハリがとても大切!

土の表面が乾いたり、鉢が軽くなったときが水やりのサイン。水やりはタイミングが大切です。水のやりすぎは根腐れの原因に。

水をあげるときは、葉や花にかからないように注意して、鉢底から流れるまでたっぷりと。

⑤施肥(肥料やり・追肥)

定期的に肥料を与えましょう。花をたくさん咲かせるためには肥料はかかせません。

肥料が不足すると下葉が黄色くなり、また、肥料が多すぎると葉先が茶色になることもあります。

肥料は大事な栄養素で、育ち盛りの花には欠かせません。肥料をあげるときは直接花や葉、茎にふれないようにしましょう。

⑥花がら摘み

花が咲き終わったら、花茎から花を摘み取りましょう!

しぼんだ花をそのままにしておくと、新しい花がつきにくくなることも。また、病気やカビの原因にもなります。

こまめにハサミでカット。花びらだけを摘むのではなく、花茎から切ります。

⑦切り戻し

花の数が少なくなってきたら、大胆にカットしてリセット!

再び満開を迎えるために、咲いてくれた花に「ありがとう」の気持ちを込めて、思い切って大胆にカットしましょう。

次の花に栄養をあげるために、鉢に沿うようなラインで花を枝ごと切ります。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ