より詳しく知る/水やり

園芸の世界では「水やり3年」と言われます。それほど水やりには注意が必要ということです。
「ついつい忘れてしまって」「旅行で数日家を空けたので」などよくお聞きする話しです。邪魔くさがらずに、習慣にしてしまいましょう。ここがクリア出来るか出来ないか。非常に大きなポイントであると言えるでしょう。

水やりの基本原則 = 「土の表面が乾いたらたっぷりと」

植物の吸水量は、株の大きさや生育状況、また季節によっても違いますし、置き場所や用土の質・量によっても大きく異なります。鉢土の表面が白っぽく乾燥したら、鉢底から溢れ出るくらいにたっぷりと、優しく株元に水を与えましょう。
土が乾いていないのに水を与え続けると、根腐れの元となります。

なぜ「土の表面が乾いたら」「溢れるくらいにたっぷりと」なのか

植物の根は吸水と呼吸をしています。水浸しの状況が続けば呼吸が出来なくなり根腐れの原因となります。
また、用土の中の古い空気を押し出して、酸素を含んだ新鮮な空気が送り込まれるように、土を湿らす程度ではなくたっぷりと水を与えることが必要です。

季節や場所の違いによる水やりの仕方

植物が成長しない冬の間は水やりの回数を控え目にし、夏の間は多めに与えるのが一般的です。
屋根のない屋外での植栽の場合、雨が続いているときなどは水やりの必要はありませんが、ひさしのある場所では見かけほど雨は当たっておらず、注意が必要です。
また、日当たりの悪い北側や木の下などでは、土の乾きが遅いですが、高層住宅のベランダなどは想像以上に乾きが早いので注意しましょう。
地植えの場合は回りの土からも吸水できるため、鉢植えに比べて水やりの回数が少なくても大丈夫でしょう。

時々は葉水(シリンジ)をかけましょう

ベランダなど乾燥しやすい場所では、時々株全体に水をかけてあげると、葉からの蒸散作用を抑制して根からの水分吸収とのバランスを保てます。また、ハダニの防止にも効果があります。
しかし、花に水をかけるとシミが出来る場合もあるので、なるべく花には直接水がかからないようにしましょう。

留守中の水やり

夏の暑い時期など、数日間、留守をするときには、水を張ったトレーやバットに鉢を置いたり、鉢ごと日陰に移動するなどしましょう。また、ペットボトルを利用した潅水装置や市販の自動潅水装置を利用するのも効果的です。

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ