ビーダンスの育て方

基本的な情報

キク科ビデンス属

植え付け株数目安 丸鉢プランター:1~3株/30cm 横長プランター:1~2株/65cm
ハンギング:1株/30cm 花壇:1~2株/1㎡
置き場所 半日以上、直射日光の当たる屋外。日光をとても好む。
水やり 土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりと
肥料 置肥、液肥を適宜
摘芯 不要
切り戻し 不要(花が終わったら枝先から10cm程度刈り込むと良いです)
冬越し 可能(関東以西の温暖地域)

苗の植え付け

  • 植え付け株数目安を参考にプランターと土を用意して植え付けましょう。
  • 草花用培養土などの新しい土を使用しましょう。

詳しく見る:「植え付け」

植え付けの例

肥料(追肥)

  • 植え付け時に土に含まれていた肥料は、徐々に効き目がなくなっていきます。花をたくさん咲かせるために、追肥として肥料を定期的に与えます。草花用の肥料をご用意ください。

詳しく見る:「施肥(肥料やり)」

【追肥の仕方】

  • 植え付けの約1ヶ月後から定期的に「置肥」をしましょう。(1ヶ月に1回が目安。)1ヶ月ほど経つと、置肥のかたまりが土にまだ残っていても効果はなくなっています。
  • 「液肥」を併用すると開花のパフォーマンスが高まります。液肥は植え付けの約2~3週間後から使用すると良いでしょう。

お手持ちの肥料に記載されている肥料の使用方法、濃度、頻度を参考にしてください。

元肥が含まれていない土の場合は、植え付け時に土に元肥を混ぜ込んでおきましょう。

冬越し

  • 霜や雪に当たると枯れてしまうこともありますので、注意が必要です。厳寒期の夜間は、寒さ対策をしましょう。
  • 低温や霜によって葉っぱが枯れたようになっても、その中では新芽がふき、春の準備が着々と進んでいる場合もあります。
  • 真冬は肥料を控えめにしましょう。

枯れているように見えても

一見枯れてしまったように…

株の中では新芽がふいていることも

その他

切り戻しについて

基本的には切り戻しや花がら摘みはしなくてもよいですが、花が終わったら枝先から10cm程度刈り込むと良いです。

色ごとの特徴について

  • イエロー:どちらかというとこんもりとドーム状に生育
  • レッドストライプ:這う性質が強めに出る
  • レッド:イエローとレッドストライプの中間くらい

関連コンテンツ

ページの先頭へ

ページの先頭へ