ニュースリリース

ニュースリリース

  • No.SBF0989(2020/4/20)

世界初(※1)!飲料用ペットボトルに手剥がし性を改善し
ボトルに糊が残らない、キャンペーンシールの導入を開始

 サントリー食品インターナショナル(株)は、(株)フジシールと協働し、従来よりも手剥がし性を改善し、ボトルに糊が残らない、キャンペーンシールを世界で初めて開発しました。これは、手剥がし時に万が一残った場合も、リサイクル工程での剥離性を向上させた、リサイクルに配慮したキャンペーンシールになります。本シールを4月下旬製造のペプシスペシャルから導入を開始し、他製品にも順次導入していく予定です。

 サントリーグループは、これまでReduce(使う量を減らす)、Recycle(再資源化して使う)、Bio(植物由来の資源を使う)を表す「2R+B」を掲げ、容器素材の軽量化、薄肉化を進め、国産最軽量※2のペットボトルの導入や国産最薄※2の商品ラベルを実用化、さらには、飲料用PETプリフォーム製造における「FtoPダイレクトリサイクル技術」の導入など、様々な取組みを実施してきました。(詳細は下記参照

 また、サントリーグループは、「人と自然と響きあう」という企業理念、ならびに理念に基づく「水と生きる」というステークホルダーとの約束の実現を目指し、グローバルにサステナビリティ経営を推進しており、2019年5月には「プラスチック基本方針」(https://www.suntory.co.jp/news/article/13473.html参照)を策定し、2030年までにグローバルで使用するすべてのペットボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用し、化石由来原料の新規使用をゼロにすることで、100%サステナブル化を目指しています。

 サントリーグループは、これからも、容器を取り巻く環境対策に積極的に取り組み、地球環境の保全活動を一層強化していきます。

※1:2020年3月 当社調べ

※2:いずれも導入時点


▼サントリー食品インターナショナルホームページ(サステナビリティサイト)
 https://www.suntory.co.jp/softdrink/company/sustainability/index.html

当社の環境に配慮した包材開発の主な取り組み、および関連するサントリーグループの受賞暦等について

2010年11月 再生PET樹脂60%使用、国産最薄18μmのロールラベル開発・導入
2011年 3月 手で小さくたためるペットボトル“P-ecot(ペコッと)ボトル”の開発・導入。13.5g(550mlペットボトル)に軽量化
2011年 5月 回収後のペットボトルからペットボトルをつくりだす技術(BtoBメカニカルリサイクルシステム)によるリサイクルペットボトル開発・導入(国内初)
2011年10月 BtoBメカニカルリサイクルによるリサイクルペットボトルの導入について「循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰」を受賞
2011年12月 BtoBメカニカルリサイクルによるリサイクルペットボトルの導入について「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞
2011年12月 BtoBメカニカルリサイクルによるリサイクルペットボトルの導入について「日経地球環境技術賞 優秀賞」を受賞
2012年 3月 ホットメルト接着によるROSO方式を使った世界最薄18μmのシュリンクラベルの開発・導入(世界初)
2012年 4月 国内飲料業界初、メカニカルリサイクル再生PET樹脂100%のリサイクルペットボトル導入
2012年 5月 再生PET樹脂80%使用、国産最薄16μmのロールラベル開発・導入
2012年10月 再生PET樹脂100%の飲料用ペットボトルの導入、最薄シュリンクラベルの導入が評価され、平成24年度「循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰」を受賞
2012年10月 平成24年度「3R推進功労者等表彰」会長賞を受賞
2013年 2月 国産最軽量となる29.8gの2Lペットボトルを「サントリー天然水」に導入
2013年 5月 植物由来原料を30%使用した国産最軽量(11.3g)ペットボトルを「サントリー天然水」550mlに導入
2013年10月 平成25年度「3R推進功労者等表彰」農林水産大臣賞を受賞
2014年 1月 ミネラルウォーターカテゴリーを除いて国産最軽量となる31.3gの2Lペットボトルを、「伊右衛門」「サントリー ウーロン茶」などに導入
2014年 4月 再生PET樹脂80%使用、国産最薄12μmのロールラベル開発・導入
2014年10月 平成26年度「3R推進功労者等表彰」会長賞を受賞
2014年10月 平成26年度「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞
2014年10月 「CDP2014 Japan500」における「気候変動情報開示先進企業(CDLI)」と「気候変動パフォーマンス先進企業(CPLI)」に選定される
2015年 1月 国産最軽量となる2.04gの「ペットボトルキャップ」導入
2015年11月 CDPがサントリー食品インターナショナル(株)を「気候変動パフォーマンス先進企業」(Aリスト)に2年連続で選定
2016年 1月 世界初!飲料用ペットボトルに植物由来原料30%使用したキャップを導入
2016年 1月 植物由来原料100%使用ペットボトルの開発に向けた実証プラントを米国で建設決定
2016年 9月 飲料用ペットボトルに植物由来原料を30%使用した国産最軽量となる1.85gのキャップを導入
2016年10月 サントリー食品インターナショナル(株)が「循環型社会形成推進功労者環境大臣表彰」を受賞
2016年11月 サントリー食品インターナショナル(株)が「CDPウォーター2016 Aリスト企業」に選定
2017年 8月 サントリーグループの国産商品において国際的な森林管理認証「FSC®認証」を取得した紙製包材を順次採用
2017年10月 サントリー食品インターナショナル(株)が「CDPウォーター Aリスト企業」に2年連続で選定
2017年10月 サントリーの2工場が平成29年度緑化優良工場等表彰において「関東経済産業局長賞」「日本緑化センター会長賞」を受賞
2018年 3月 飲料用PETプリフォーム製造における「FtoPダイレクトリサイクル技術」を開発(世界初)
2018年 6月 ESG投資の代表的指標「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄に選定
2018年 6月 「SBT(Science Based Targets) イニシアチブ」の認定を取得
2018年 8月 飲料用PETプリフォーム製造における「FtoPダイレクトリサイクル技術」による製造開始
2019年 1月 「サントリー天然水 奥大山ブナの森工場」が日本で初めてAlliance for Water Stewardship(AWS)認証を取得
2019年 1月 サントリー食品インターナショナル(株)が「CDPウォーターセキュリティ Aリスト企業」に3年連続で選定
2019年 2月 世界初!飲料用ペットボトルに植物由来原料を100%使用したキャップを導入
2019年 3月 「FtoPダイレクトリサイクル技術」を用いた「FtoP製造ライン」増設を決定
2019年 3月 サントリーグループ「プラスチック基本方針」策定
2019年 7月 サントリーグループ「サステナビリティ・ビジョン」策定
2019年10月 「令和元年度 資源循環技術・システム表彰」で「FtoPダイレクトリサイクル技術」が奨励賞・コラボレーション賞を受賞
2019年11月 「Global Plastic Action Partnership」に加盟
2020年 1月 「CDP気候変動2019」において、最高評価の「気候変動Aリスト企業」に選定
2020年 2月 「CDPウォーター Aリスト企業」において、最高評価の「水セキュリティAリスト企業」に4年連続で選定

※いずれも導入時点

以上

画像ダウンロード
お問い合わせ先

サントリー食品インターナショナルホームページ http://suntory.jp/sbf/

PAGE
TOP