ニュースリリース

このページを印刷

ニュースリリース

2011年10月28日

<ご参考資料>

サントリー食品インターナショナル株式会社
サントリービジネスエキスパート株式会社

BtoB※1メカニカルリサイクル※2による
“リペットボトル※3”の導入について
「循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰」を受賞


サントリー食品インターナショナル(株)とサントリービジネスエキスパート(株)は、10月28日(金)から開催の第6回 3R推進全国大会において、平成23年度「循環型社会形成推進功労者等環境大臣表彰」を受賞しました。

サントリー食品インターナショナル(株)とサントリービジネスエキスパート(株)は、協栄産業(株)と共同で、国内飲料業界で初めてペットボトルのBtoBメカニカルリサイクルシステムを新たに構築しました。今春から、商品の一部に、同システムによる再生樹脂を50%の高比率で使用したペットボトル “リペットボトル”を導入しています。この結果従来から導入しているケミカル再生樹脂との併用により、石油由来資源を約90%、CO2(製造時の排出量を含む)を約60%削減することが可能となりました。
今回の受賞は、こうした環境に配慮した先進的な容器開発が高く評価されたものです。

サントリーグループは「水と生きる SUNTORY」をコーポレートメッセージに掲げ、水および水を育む自然環境との共生を目指した企業活動を推進しており、今後も容器を取り巻く環境対策に一層積極的に取り組みます。

※1 BtoBとは、「ボトル to ボトル」の略。ペットボトルをリサイクルして新たなペットボトルに再生すること。
※2 メカニカルリサイクルとは、マテリアルリサイクル(使用済みの製品を粉砕・洗浄などの処理をして、新たな製品の原料とすること。)で得られた再生樹脂をさらに高温、減圧下で一定時間の処理を行い、再生材中の不純物を除去する方法。
※3 リペットボトルとはペットボトルからできたペットボトル。新しいスタイルのエコボトル。

●循環型社会形成推進功労者等表彰について
循環型社会形成推進功労者を表彰する制度は、平成18年度に環境省によって設けられ、廃棄物の発生量の抑制(リ
デュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の適切な推進に顕著な功績があった個人、企業、団体を表彰し、その功績をたたえて、循環型社会の形成の推進に資することを目的としている。



以上

ニュースリリーストップページへ

このページを印刷