No.SBF0207  (2014.10.16)

サントリー食品インターナショナル株式会社

CSR・環境

サントリー食品インターナショナル(株)の
「CDP2014 Japan500」における
「気候変動情報開示先進企業」と
「気候変動パフォーマンス先進企業」の
ダブル選定が決定


 サントリー食品インターナショナル株式会社(本社:東京都中央区、社長:鳥井信宏)は、このたび、温室効果ガス排出量の削減および気候変動リスクの緩和に対する活動と気候変動情報開示に対する活動において、「CDP」から高い評価を受け、気候変動情報開示先進企業「Climate Disclosure Leadership Index(CDLI)」および、気候変動パフォーマンス先進企業「Climate Performance Leadership Index(CPLI)」に選定され、10月15日(水)経団連会館(東京都千代田区)にて開催された「CDP2014 日本報告会」で発表されました。

 CDPは、企業や都市の重要な環境情報を測定・開示・管理・共有するための国際NPOです。合計92兆米ドルの資産を持つ767の機関投資家を代表して、全世界で6,000社以上、日本企業500社を対象に気候変動情報開示を求める質問書を送付し、その回答をもとに評価を行い、開示に優れた企業をCDLI、取り組み実績に優れた企業をCPLIとして公表しています。当社の結果は以下の通りです。

 CDLI(28社のうちの1社):99点
 CPLI(24社のうちの1社):パフォーマンスバンドA
 今回CDLI・CPLI両方に選定された企業は当社を含めて15社。

 サントリー食品インターナショナル(株)は自然の恵みに支えられている企業の責務として、「自然環境の保全・再生」「環境負荷低減」を柱に、持続可能な社会づくりに貢献するためにサントリーグループが策定した『環境ビジョン2050』のもと、「2020年目標※1を設定し、さまざまな環境負荷低減活動を行っています。

※1 ① 自社工場における製造設備・容器の洗浄や冷却に使用する水使用を42%削減※2
    ② 容器の更なる軽量化や再生原料や植物由来原料の活用、国内最小電力量の自動販売機の積極的導入などにより、
      バリューチェーンのCO2排出を25%削減※2
※2 2007年における事業領域を前提とした原単位での削減

 今回の「CDP2014 Japan500」の評価は、このような環境負荷低減活動や環境経営情報開示に対する取り組みが評価されたものと考えます。今後もコーポレートメッセージである「水と生きる」企業グループとして、環境経営をよりいっそう推進していきます。

▽サントリー食品インターナショナルホームページ(環境サイト)
  https://www.suntory.co.jp/softdrink/eco/

▽CDPホームページ
  www.cdp.net

CDP

以上

このページを印刷

戻る

ENGLISH