LINE
Tweet
Facebook

63初心者でも育てやすい花15選!プランター栽培向きの花苗を季節別に紹介!

初心者でも育てやすい花15選!プランター栽培向きの花苗を季節別に紹介!

プランターガーデニングのメリット

ガーデニングを楽しんでみたいけど、お庭に花壇がなかったり、始めたばかりで失敗したくない!という方は、プランター・鉢で花を育てる方法が気軽に始めやすく、育てやすいです。

お庭の地面や花壇に植えて育てる場合はまず土壌作りから始める必要がありますが、プランター栽培は園芸店などで売っている培養土を鉢に入れるだけで済むので始めやすいメリットがあります。 さらにプランター栽培なら春は日当たりの良い場所に、真夏は直射日光が当たらない場所に、雨が強い時には雨に当たらない場所に、台風の時は一時的に室内に、といったふうに植物にとって環境の良い場所に移動させて管理しやすいメリットもあります。

今回は、プランターで育てやすいサントリーフラワーズの花を季節ごとにご紹介するとともに、プランターの種類やサイズの目安、必要なアイテム、上手な花の育て方など、プランター栽培を楽しむ際に知っておきたい情報を詳しくまとめました。

目次
◆プランターで育てやすい春の花(植え時期:3月~5月)
◆プランターで育てやすい夏の花(植え時期:4月~6月)
◆プランターで育てやすい秋冬の花(植え時期:9月~11月)
◆一年草・多年草、プランター栽培でおすすめなのは?
◆ガーデニングでプランター栽培に必要なものは?
◆プランター・鉢
 ・プランターのサイズの目安は?
 ・プランターサイズの「号、型」とは?
 ・(1)素焼きのプランター
 ・(2)陶器のプランター
 ・(3)プラスチックのプランター
 ・(4)木製のプランター
 ・(5)ブリキのプランター
◆土 | ガーデニングに適した土とは?
◆肥料 | 成長力と開花力がアップします。
◆花苗(はななえ)
◆プランターでの上手な花の育て方

プランターで育てやすい春の花(植え時期:3月~5月)

サフィニアシリーズ(ナス科ペチュニア属)

サフィニアシリーズ
サフィニアシリーズ

◆サフィニアシリーズのおすすめポイント
・夏の暑さにも強く、丈夫で育てやすく、春から秋まで咲き続ける。
・生育・分枝力旺盛なので、ボリュームある花がたっぷり咲きます。
・花色、花模様、一重咲き、八重咲きなど、ラインナップも豊富です。

春の定番ペチュニア属のサフィニアシリーズは、春のガーデニングにとても人気です。
サフィニアシリーズ…サフィニア、サフィニアアート、サフィニアフリル、サフィニアブーケ、すぐ楽サフィニア

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径30cm(10号)に 1~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

サフィニアシリーズの詳細はこちらでご紹介しています。
ペチュニア(サフィニア)の育て方~植え込みから切り戻しまで栽培ポイント | あしたの花にできること | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

ミリオンベルシリーズ(ナス科カリブラコア属)

ミリオンベルシリーズ
ミリオンベルシリーズ

◆ミリオンベルシリーズのおすすめポイント
・暑さ、寒さ、雨に強く、丈夫で育てやすく、春から秋まで咲き続けます。
・生育旺盛でたくさん花が付き、花殻摘み不要なので手間がかかりません。
・カラフルな花色、一重咲き、八重咲きなど、ラインナップも豊富です。

たくさんの鈴(ベル)のような花がたくさん咲き、お庭やベランダを楽しく演出してくれます。
ミリオンベルシリーズ…ミリオンベル、ミリオンベルプチホイップ、すぐ楽ミリオンベル、すぐ楽ミリオンベルプチホイップ

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径30cm(10号)に 1~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

ミリオンベルシリーズの詳細はこちらでご紹介しています。
カリブラコアの育て方~植え込みから切り戻しまで栽培ポイント | あしたの花にできること | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

ストロングファイブ(ナス科)

ストロング ファイブ
ストロング ファイブ

◆ストロング ファイブのおすすめポイント
・「(1)大きく育つ」「(2)たくさん咲く」「(3)雨に強い」「(4)暑さに強い」「(5)長く咲く」
・雨や真夏の厳しい日本の環境にも負けない5つの強さを持つ5つの花!
・明るくカラフルなレッド、ピンク、ブルー、イエロー、オレンジの5色の花色!

数千ある品種の中から厳しい日本の雨や暑さでも高いパフォーマンスを発揮した品種を3年かけて選び抜き、「ストロング ファイブ」を開発しました!

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径30cm(10号)に 1~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

ストロング ファイブのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)
ストロングファイブの特集はこちらでご紹介しています。
初心者にも育てやすい花「5つの強さを持つストロング ファイブ」 | あしたの花にできること | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

マックスマム(キク科アルギランセマム属間ハイブリッド)

マックスマム
マックスマム

◆マックスマムのおすすめポイント
・1株で圧倒的に大きくなる草姿とボリューム感!
・驚くほどの生育スピードで、花密度が高く、まとまりのよい咲き姿。
・赤、黄色、白、ピンク系、オレンジ系の大きなお花がダイナミックに咲きます。
2016年に登場した、かつてない“マム”は花も花姿もマックスな迫力が魅力です。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径24~36cm(8~12号)に1株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2株

マックスマムのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

星空マム(キク科ブラキカム属)

星空マム
星空マム

◆星空マムのおすすめポイント
・こんもりまとまり良い咲き姿、花殻摘み不要でお手入れカンタン。
・早生で開花持続性が高く、どんどん花が咲きます。
・涼しげで爽やかなブルーや純白のホワイトのお花を楽しめます。
まるで星空のような満開の咲き姿は、お庭やベランダをファンタジックに演出してくれます。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径30cm(10号)に2株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

星空マムのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

プランターで育てやすい夏の花(植え時期:4月~6月)

サンク・エール(スカエボラ属)

サンク・エール
サンク・エール

◆サンク・エールのおすすめポイント
・暑さに強く、丈夫で育てやすく、夏から晩秋まで咲き続けます。
・真夏でも花が休まず、常に花が咲き続けます。
・花殻摘み不要でお手入れカンタン。虫もつきにくい。
ブルー系やホワイト、パステル系のピンクやパープル系などの花色が夏を涼しげに演出してくれます。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径30cm(10号)に2~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2株/

サンク・エールのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

フェアリースター(キョウチクトウ科ニチニチソウ属)

フェアリースター
フェアリースター

◆フェアリースターのおすすめポイント
・暑さや病気に強く、丈夫で育てやすく、夏から晩秋まで咲き続けます。
・分枝力旺盛、花密度も高く、愛らしい小花がたくさん咲きます。
・コンパクトにまとまりやすく、花殻摘み不要でお手入れカンタン。
まるで妖精のような、小さく愛らしい、パステルカラーやホワイト系のお花がたくさん咲き誇ります。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径21~24cm(7~8号)に1株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に3~4株

フェアリースターのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

サンパラソル(キョウチクトウ科マンデビラ属)

サンパラソル
サンパラソル

◆サンパラソルのおすすめポイント
・暑さと乾燥に強く、丈夫で育てやすく、夏から晩秋まで咲き続けます。
・根に水分を蓄える特性があるので2~3日水やりをしなくても平気です。
・赤やピンク、ホワイト、ニュアンスカラーなど、トロピカルなお花が咲きます。
夏の景色にぴったりな、トロピカルな雰囲気の花色と花姿がお庭やベランダを豪華に彩ってくれます。

◆おすすめのプランターの目安
深鉢プランター/直径15~24cm(5~7号)に1株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

サンパラソルのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

サマーミスト(ゴマノハグサ科トレニア属)

サマーミスト
サマーミスト

◆サマーミストのおすすめポイント
・暑さと病気に強く、丈夫で育てやすく、夏から晩秋まで咲き続けます。
・半日陰でも育つので、直射日光の当たらない場所でも楽しめます。
・涼しげなブルー系、可愛いピンクやイエローの花色のラインアップです。
暑い夏にたくさんの花を咲かせ、涼しげな葉が夏を爽やかに演出してくれます。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径30cm(10号)に1~2株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2株
花が枝垂れるので、地面に付かないよう高さのあるタイプのプランターがおすすめです。

サマーミストのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

エンジェルス イヤリング(アカバナ科フクシア属)

エンジェルス イヤリング
エンジェルス イヤリング

◆エンジェルス イヤリングのおすすめポイント
・フクシアでは暑さに強いタイプで、摘芯不要で夏から晩秋まで楽しめます。
・半日陰でも育つので、直射日光の当たらない場所でも楽しめます。
・愛らしい淡いピンク色、赤と白の美しい八重咲きの、鈴なりの花を楽しめます。
まるで天使のイヤリングのような花がキラキラ揺れる可憐な花姿がお洒落です。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径24cm(8号)に1~2株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に/3株

エンジェルス イヤリングのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

プランターで育てやすい秋冬の花(植え時期:9月~12月)

フィオリーナ(スミレ科スミレ属)

フィオリーナ
フィオリーナ

◆フィオリーナのおすすめポイント
・寒さや水切れにも強く、丈夫で育てやすく、秋から春まで咲き続けます。
・生育・分枝力旺盛で、全体に花がたくさん咲き、大きなドーム型の花姿に。
・素朴な愛らしさのあるお花で、ホッと和むような良い香り。
あふれる花数、圧倒的な満開感のビオラ。とても育てやすいので初めてのガーデニングにもおすすめです。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径30cm(10号)に1~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

フィオリーナのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

ミルフル(スミレ科スミレ属)

ミルフル
ミルフル

◆ミルフルのおすすめポイント
・寒さに強く、丈夫で育てやすく、秋から春まで咲き続けます。
・丸い花弁に豪華なフリルが美しく、冬も安定して次々に咲きます。
・ピンク系、イエロー系、ブルー系、ワイン系、アンティーク系など豊富な花色。
花色や色合いがひとつひとつ違うフリル咲きビオラで、自分だけのミルフルを選ぶ楽しさもあります。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター /直径30cm(10号)に3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

ミルフルのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

ボンザマーガレット(キク科アルギランセマム属)

ボンザマーガレット
ボンザマーガレット

◆ボンザマーガレットのおすすめポイント
・花付きバツグン!丈夫で育てやすく、秋と春にたくさんお花を楽しめます。
・生育・分枝力旺盛で、ピンチ(摘芯)なしで美しいドーム状にまとまる花姿です。
・鮮やかな花色のラインナップでお庭やベランダをカラフルで楽しく彩ります。
摘芯なしで自然に花芽がつき、美しいドーム状に育っていくので、育てやすくてお手入れも楽ちんです。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径24cm(8号)に1株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

ボンザマーガレットのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)
ボンザマーガレットの特集はこちらでご紹介しています。
マーガレットの育て方・楽しみ方 | あしたの花にできること | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

ウインティー(サクラソウ科プリムラ属)

ウインティー
ウインティー

◆ウインティーのおすすめポイント
・12月~2月の寒さにも強く、丈夫で育てやすく、秋から春まで咲き続けます。
・半日陰でも育てやすく、開花時期が長く、摘芯・切り戻しも不要です。
・ピンク系やホワイト系の優しい色合いの花色と花姿が魅力です。
多くの花穂をあげてふんわり咲きあふれる、春が待ち遠しくなるような優しい色合いと花姿が魅力です。

◆おすすめのプランターの目安
丸鉢プランター/直径30cm(10号)に1~3株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株

ウインティーのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

セネッティ(キク科ペリカリス属)

セネッティ
セネッティ

◆セネッティのおすすめポイント
・冬と春に満開の花を楽しめます。
・ビロードのような艶やかな質感の花が次々咲き、開いた状態が長く続きます。
・鮮やかな赤系、青系、ピンク系の花色と豪華な咲き姿が華やかに彩ってくれます。
豪華に映える花姿と花色のセネッティが、寒い冬のお庭やベランダ、玄関先を鮮やかに彩ってくれます。

◆おすすめのプランターの目安
深鉢プランター/直径24cm(8号)に1株
横長プランター/横長65cm(横長65cm型)に2~3株
冷気が伝わりやすいブリキは避けた方がベターです。

セネッティのもっと詳しい情報を知る | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

一年草・多年草、プランター栽培でおすすめなのは?

種や苗を植えてから、成長し、花を咲かせ、枯れるまでの成長速度とサイクルが一年で終わる植物を「一年草」、成長速度がゆっくりで2年以上続く植物を「多年草」といいます。どちらかと言えば「一年草」の方がプランター栽培におすすめです。

一年草はプランター植え向き

一年草は一年のサイクルの間に成長力を発揮させるので、すぐ大きく育ち、たくさん花を咲かせ続けます。
原産地では多年草だけど日本の気候では一年草のタイプもあり、育て方によっては一年以上越すことができることもあります。
プランター植えでお手入れをしながら、お庭やベランダに常に花が咲いた華やかな状態を楽しむのに適しています。

多年草は地植え向き

多年草は成長サイクルが緩やかで、一年目は株も花も小さいですが、年々大きく成長していきます。種類によっては数年育ててようやく花が咲く品種もあります。はじめは小さくても、年々大きくなってやがては立派な花を咲かせてくれます。
地植えで手間をかけず、育っていくのをゆっくりと楽しむ方が適しているでしょう。

一年草と多年草の両方をプランターで楽しむには?

多年草ばかりだとお庭やベランダに華やかさが足りなくなりがちなので、一年草で常にお庭やベランダに花が咲いた状態を楽しみながら、多年草の成長をゆっくり楽しむスタイルがおすすめかもしれません。

ガーデニングでプランター栽培に必要なものは?

ガーデニングでプランター栽培を楽しむ前に、用意しておきたいガーデニング用品をまとめました。園芸店やホームセンター、ネットショップなどでも手に入ります。

プランター・鉢

プランター・鉢

プランターのサイズの目安は?

一般的に8号(直径24cm)~10号(直径30cm)くらいのサイズが使いやすいです。
プランター・鉢の直径が同じでも、深さや形状が違うと大きさも変わってきます。
号・型が同じでも、深さが違うと土の入る量は変わります。

浅すぎる鉢や小さすぎる鉢は、根が詰まりやすく、土中の水分不足にもなりやすいため、ある程度深さや大きさのある形を選びましょう。
プランターの素材は素焼き、プラスチック、木製、ブリキなど色々ありますので楽しく選んでください。
底に穴がない容れ物を使う際は、必ず水を流すための穴を底に開けてください。

プランターサイズの「号、型」とは?

◆~号
1号あたり直径(上部径)3cmです。例えば「8号鉢」ですと直径24cm(3cm×8号)となります。
◆~型
例えば32型の場合、直径(上部径)が32cmです。横長プランターの場合は、横長65cm型と表現するのが一般的です。

(1)素焼きのプランター

粘土で焼き上げた鉢で、素材を生かした素焼きのテラコッタは、水分や空気の通りが良いので植物の根が呼吸しやすく、使っていくうちにオリジナルの風合いが出てくるので最も人気があります。シンプルなタイプからデコラティブなど様々なデザインがあります。

素焼きのプランター

(2)陶器のプランター

粘土で焼き上げて、表面に色や艶が塗られたのが陶器鉢です。水分や空気の通りは素焼きよりやや劣ります。重さがあるので大きい鉢の場合はキャスター付きの台などを下に置くと移動が楽になります。高級感のある見た目やお洒落なデザインがたくさんあります。

陶器のプランター

(3)プラスチックのプランター

プラスチックのプランター

プラスティック製のプランターは軽いので、移動や持ち運びがしやすいメリットがあります。水分や空気の通りは素焼きや陶器よりやや劣りますが、乾燥が苦手な植物には適しています。シンプルなホワイトやブラウン系が最も多いですが、カラフルな色もあります。

(4)木製のプランター

木製のプランター

木製のプランターは自然素材なので植物と馴染みやすい風合いが素敵で、空気の通りも良いです。物によっては水を吸収して腐りやすい場合がありますので、地面に接する部分が水に強い素材でカバーされたデザインを選ぶと良いでしょう。

(5)ブリキのプランター

ブリキのプランター

ブリキのプランターはお洒落な雑貨のようで飾るのが楽しくなります。水分や空気の通りは劣ります。熱伝導性が高く、外気で熱くなったり冷たくなったりしやすいので、植物を痛めないために中に別のプランターを入れて、鉢カバーのように使う方がおすすめです。

鉢・プランター | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)


土 | ガーデニングに適した土とは?

「草花用の培養土」がおすすめです。

ガーデニングには有機質に富んだ水はけの良い土が適していますが、園芸店やホームセンターで「草花用の培養土」が売っていますので、そちらを選んでいただくのが一番間違いありません。市販の培養土には元肥も含まれています。
もし元肥が含まれていない土を使う場合は必ず元肥を混ぜます。
土を入れる量は、鉢いっぱいにせず、2~3cmほど下あたりまでが目安です。

鉢底石

鉢底に敷くことで、土の排水性や通気性を良くし、根腐れの予防になります。鉢・プランターの底に穴が少ししか開いていなかったり、テラコッタ鉢の時は使った方が良いでしょう。

肥料 | 成長力と開花力がアップします。

より健全に生育させ美しく咲かせるために、生育途中から肥料が必要となります。液肥と置肥があります。
植え付け直後は土に含まれている元肥が効きますので、2~3週間後以降からあげます。

◆液肥(即効性)
植え付け2~3週間後から、水やりの際に液肥を適宜希釈して与えてください。
つい肥料をたくさんあげてしまいがちですが、やりすぎは逆によくありません。植物の生長に合った適度な肥料やりをしてあげましょう。

◆置肥(ゆっくりと長期間効く緩効性)
植え付け1ヶ月後から、花苗1株あたり5粒程度、その後1ヶ月ごとに定期的に施します。
土の表面に置いても、指先で土中に少し埋めてあげても構いません。
肥料 | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)


花苗(はななえ)

花苗とは? | 種から蒔くより簡単で早く花を楽しめる!

花苗(はななえ)とは?
花苗(はななえ)とは?

花苗は、3ヵ月以上もかけて生産者さんによって丁寧に育てられています。
タネから育てるよりも簡単に育てられる安心さ、早く花を楽しめる手軽さが人気の花苗は、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

苗の選び方 | どんな苗を選べばいい?

「良い苗」は、根元がしっかりしていてグラグラしない、茎が太い、黄色い葉がない苗です。虫がついてないかも確認しましょう。
苗を買ってきたら、2~3日中までにはポリポットから苗を出してプランターに植えましょう。
基本的な育て方 | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)


プランターでの上手な花の育て方

基本の育て方を覚えてしまえばガーデニングは難しいものではありません。
上手に育てるポイントを加えれば、さらに豪華にたくさん花が咲く姿が楽しめます。

プランターでの基本の育て方3条

(1)園芸店やホームセンターなどで売っている花苗と、草花用培養土を用意します。
(2)花苗をプランター(鉢)などに植え込んで、半日以上直射日光の当たる屋外に置きます。
(3)土の表面が乾いたら、鉢底から流れ出るまでたっぷりとお水をあげてください。
基本的な育て方 | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

植え付け | プランターに苗を植えこみます

苗を買ってきたら、早めに植え付けをしましょう。
まずは、プランター、苗、土、(可能なら鉢底石も)を用意します。
鉢底石を鉢の4分の1くらい入れ、その上から土を入れます。鉢いっぱいに土を入れず、鉢の縁の高さより2~3cm低い位置までにして、ウォータースペースを作りましょう。鉢の縁ギリギリまで土を入れてしまうと水やりの際に水が上から溢れ出てしまいます。

ビニールポットから苗を取り出し、枯れた下葉がある場合は取り除きます。ポリポットから出した苗は土を落とす必要は基本的にありません。根が回っていてガチガチになっている場合のみ根を傷めないよう優しく根崩ししてください。

苗の土の表面と植え込んだ土の表面の高さを揃え、根がむき出しにならないように植え付けます。
植え終わったらたっぷりと水を与えてください。
植え付け | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

水やり | 乾と湿のメリハリが大切!

ペチュニアはやや乾燥気味の環境を好み、植え付けから2~3週間は特に水のやり過ぎに注意します。基本的には「土の表面が乾いたり鉢が軽くなった時」に鉢底から水があふれるぐらいたっぷりあげます。水のやりすぎは根や株が生長せず根腐れの原因になりますので、土が湿っている時はあげなくてよいです。
摘芯(ピンチ) | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

肥料 | 成長力と開花力がアップ!

植え付け時に土に含まれていた肥料は、徐々に効き目がなくなっていきますので、花をたくさん咲かせるために、植え付けの約1ヶ月後から肥料を定期的に与えます。元肥が含まれていない土の場合は、植え付け時に土に元肥を混ぜ込んでおきます
植え付けの約2~3週間後から「液肥」を併用するとさらに開花パフォーマンスが高まります。
お手持ちの肥料に記載されている肥料の使用方法、濃度、頻度を参考にしてください。
肥料 | ガーデニング・園芸 | サントリーフラワーズ (suntory.co.jp)

いかがでしたか?特にガーデニング初心者の方は、まずは管理しやすいプランター・鉢で花を育てながらガーデニングのコツも自然に身につけてみてはいかがでしょうか?育てていくうちにだんだん上達し、花を育てることがどんどん楽しくなりますよ。

今回ご紹介した花はどれも全国の園芸店やホームセンターなどで花苗を手に入れられますので、気になるお花がありましたらぜひ販売時期にチェックしてみてください。
「サントリーフラワーズ花苗」の販売店検索をする
※販売期間外は各店舗の販売が確定していないため表示されません。
※品切れの場合もございますので、事前に販売店までご確認いただきますようお願いいたします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ