閉じる

サステナビリティトピックス

「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」がリサイクル素材100%の「またあえるボトル」になってリニューアル

サントリー食品インターナショナル(株)は、「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」をリニューアルし、4月13日(火)から全国で発売します。今回のリニューアルにより、650mlおよび600ml製品はすべてリサイクル素材100%ペットボトルの「またあえるボトル」になります。

私たちは、リサイクル素材や植物由来素材を100%使用したサステナブルなペットボトルを「またあえるボトル」と命名し、「ペットボトルは適切にリサイクルされることによって、何度も循環する資源である」ことをお客様にお伝えする活動を進めていきます。

ペットボトルの「ボトルtoボトル」水平リサイクルへの取り組みと「またあえるボトル」プロジェクト

サントリーグループは、2012年に国内清涼飲料業界で初めてリサイクル素材100%のペットボトルを導入※1したことを皮切りに、従来よりもCO2排出量を低減する世界初の「FtoPダイレクトリサイクル技術」を開発※2するなど、長年にわたって技術革新を進め、積極的に「ボトルtoボトル」水平リサイクル※3を実用化・推進してきました。一昨年策定した「プラスチック基本方針」では、2030年までにグローバルで使用するすべてのペットボトルに、リサイクル素材あるいは植物由来素材のみを使用することで、化石由来原料の新規使用をゼロにするという100%サステナブル化の目標を掲げています。

※1 メカニカルリサイクルとして

※2 協栄産業(株)など4社で共同開発

※3 使用済み製品を原料として用いて同一種類の製品につくりかえるリサイクルのこと

循環図.png

このように当社はペットボトルの「ボトルtoボトル」水平リサイクルの「つくる」「つかう」分野において、業界に先駆けて取り組みをおこなってきました。

今後さらにその動きを加速するために、当社の活動全体を「またあえるボトル」プロジェクトとして、従来の「つくる」「つかう」に加えて、良質な使用済みペットボトルを「あつめる」、「ボトルtoボトル」水平リサイクルの有用性をお客様に「つたえる」活動も強化していきます。

「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」が「またあえるボトル」になってリニューアル発売

「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」のリニューアルにあわせて、「同650ml」「同600ml」では、他ブランドでも順次拡大しているリサイクル素材100%のペットボトルを全ての商品に使用し、商品ラベルに「またあえるボトル」ロゴマークを記載して、お客様にお届けします。

やさ麦&またあえる-1.jpg

「GREEN DA・KA・RA」ブランドは、「やさしさの循環」をブランドコンセプトとしており、地球にやさしい「ボトルtoボトル」水平リサイクルを象徴する「またあえるボトル」にふさわしいブランドと考えています。「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶」はリサイクル素材100%のペットボトルを使用することで、化石由来原料から新たにつくられるプラスチックを約4,500トン、CO2排出量を約6,200トン削減する計画です※。

※ 「GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶 650ml」「同600ml」2021年出荷計画数量より当社試算

サントリーグループは、「水と生きる」を社会の約束にしています。豊かな自然環境を次世代に残すために、これからもずっと水と生きるために、これからもより一層、環境負荷低減活動を積極的に推進していき、サステナブルの社会の実現に貢献していきます。

◆なんどもうまれかわる「またあえるボトル」動画

◆サントリーグループのサステナビリティ「容器・包装」

Page top