閉じる

サステナビリティトピックス

第1回「ハタラクエール2020」で優良福利厚生法人を受賞

今年スタートした福利厚生の充実に取組む企業を表彰する福利厚生表彰・認証制度(愛称:ハタラクエール)」で最も優良とされる5社に与えられる「優良福利厚生法人(総合)」にサントリーホールディングスが選ばれました。

受賞にあたり評価されたポイント

「ハタラクエール」は福利厚生表彰・認証制度の愛称で、福利厚生の充実、活用に取り組む企業・団体、自治体を表彰・認証する制度です。

「福利厚生推進法人」として40法人が認証され、その中でも特に優れた取り組みを行う上位5法人に入る「優良福利厚生法人(総合)」として表彰されます。

認証にあたり、5つの評価軸「経営課題への対応」「現状把握」「制度・運用充実度」「利用状況」「福利厚生への熱意」をもとに評価が行われ、サントリーホールディングスは、特に「福利厚生への熱意」を軸とした取り組み(経営者が福利厚生に重きをおき、経営の一手段として福利厚生を活用していること、また担当者も福利厚生の現場を支え、従業員の声等もふまえて福利厚生を改善していること)が最も高く評価されました。

サントリーの取り組み

サントリーグループは人材の多様性を推進し、多様な価値観や発想を取り入れ、活かすことにより、より大きな価値を創出する「ダイバーシティ経営」を人事の基本方針としています。

その中で、サントリーに集うすベての人材に対する思い・考え方を表す"Suntory People Way"を定め、人材に関わるすべての活動の根源と位置づけています。

福利厚生についてもこの"Suntory People Way"、すなわち、従業員とその家族の「健康で幸せに満ちている状態」を実現すること、そして社員一人ひとりの多様な価値を認め、成長を支援し続けることが、将来に亘ってのサントリーの成長の原動力となるとの考え方に基づき、幅広い福利厚生制度を展開してまいりました。

公平で多様な価値観を受容する住宅制度

住居の構え方および価値観、かかるコスト等の多様性に鑑み、全社員に何らかの支援を提供し、そのうえで若年層・子育て世帯に対する支援を相対的に手厚く実施

多様な社員に向けた充実した福利厚生の実現

社員との接点・ヒアリング、異動・配置を調整するなかでの各部門ヒアリング、キャリアサポート面談時に寄せられる声等を通じて、ニーズ把握を実施

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

参考事例:「共済会」

1995年に設立し、現在はグループ20社に展開。

従業員からの会費と会社が拠出し、グループ相互扶助の制度として、慶弔や育児・介護等、従業員のライフイベントに対する費用補助を実施しています。

今後も、サントリーグループは、従業員一人ひとりが最大限に力を発揮する、創造性あふれる「職場環境づくり」を目指し、その活力で新たな価値創造に挑戦してまいります。

サントリーのダイバーシティ経営 

Page top