世界のワイナリー

ポルトガル

ヨーロッパ全体へ戻る

アメリカ

  • カリフォルニア ノースコースト

世界地図全体へ戻る

アルゼンチン

世界地図全体へ戻る

オーストラリア

世界地図全体へ戻る

ドイツ
ラインヘッセン
ポルトガル
トラズ・オス・モンテス
アメリカ
カリフォルニア・ノースコースト
チリ
セントラル・ヴァレー
アルゼンチン戻る
メンドーサ
オーストラリア
ニューサウスウェールズ

マス ド リュネス

MAS DE LUNÈS

太陽と月に愛された
オーガニック栽培のワイナリー

地方:フランス/ラングドック
会社名: MAS DE LUNÈS
設立年: 1936年

トピック

オークやローズマリーなど南仏特有の潅木地“ガリッグ”の中に突然開けるのがマス ド リュネスのぶどう畑。“マス”とは南仏の言葉で“大きな農家”という意味。
もともとは、オリーブ栽培や羊を飼う農家を1936年にジャンジャン家が買い取り、少しずつぶどう畑に転換してきた。
1,000ヘクタールの広大な土地にぶどう畑は80ヘクタール。隔絶された環境はオーガニック栽培に適し、2013年にエコセールの認証を、2019年にはサスティナブルな環境経営の取り組みが認められ、フランスでも最高レベルの環境認証「HVE*」のレベル3を取得している。
*「HAUTE VALEUR ENVIRONNEMENTALE」の略。フランス農業・食糧省による環境価値重視認証

歴史

1936年 オークやローズマリーが生い茂るガリッグに囲まれた土地を、ジャンジャンファミリーが取得。一家の住まいと農園として開墾をスタート。丘の上からは月が美しく見えることから、いつしか「マスドリュネス」(月の家)と呼ばれるようになった。
2013年 マス ド リュネスの畑がオーガニック認証を取得。ぶどうの他、オリーブもオーガニック栽培している。
2019年 環境に配慮した取り組みが認められ、フランスでも最高レベルの環境認証「HVE」のレベル3を取得。

味わい・こだわり

マス ド リュネスの地層を大学研究機関と共同で分析したところ、谷底の畑はかつて地中海の潟湖(ラグーン)であった。
粘土質の上に小石状の石灰岩が広がる畑は保水性と水はけのバランスが良く、フレッシュさとミネラル感あふれるエレガントなワインを生み出す。
酵母はマス ド リュネスに自生する野生酵母を300種以上採取し、 最適な酵母を取り出すことに成功。
現在はこのオリジナル酵母を培養し、ワイン醸造に使用している。

主なラインナップ

  • スクレ ド リュネス
    シャルドネ

  • スクレ ド リュネス
    ピノ・ノワール

メールマガジン

新商品やお得なキャンペーンや、お手軽にワインを楽しめるレシピ情報を、毎月1回お届けします!メールマガジン登録

インフォメーション

  • 登美の丘ワイナリー見学へ行こう!

ワインを探す

色・タイプ

ボディー・味わい
国