世界のワイナリー

ポルトガル

ヨーロッパ全体へ戻る

アメリカ

  • カリフォルニア ノースコースト

世界地図全体へ戻る

アルゼンチン

世界地図全体へ戻る

オーストラリア

世界地図全体へ戻る

ドイツ
ラインヘッセン
ポルトガル
トラズ・オス・モンテス
アメリカ
カリフォルニア・ノースコースト
チリ
セントラル・ヴァレー
アルゼンチン戻る
メンドーサ
オーストラリア
ニューサウスウェールズ

シャトー ド ラスコー

Chateau de Lascaux

注目のワイン産地 南仏ピク・サン・ルーから自然の滋味溢れるオーガニックワイン

フランス/ラングドック・ルーション
会社名: Chateau de Lascaux
設立年: 16世紀

トピック

16世紀から続く歴史あるワイナリーで、現在の所有者兼醸造責任者であるジャン・ブノワ・キャヴァリエ氏は14代目になります。
ラングドック地方の最も北に位置するA.O.C.ラングドック ピク・サン・ルーは、三方をピレネー山脈、セヴェンヌ山塊、アルプス山脈に囲まれ、太古の地殻変動により地層が入り組み、複雑な土壌になっています。また地中海性気候でありながら高い標高のため、夏に昼夜の寒暖差が大きく、ぶどうの成熟に良い影響を与えています。
自然との調和を目指した、有機栽培によるワインづくりを行っています。

味わい・こだわり

シャトー ド ラスコーという名前は、シャトーが持つ畑のある小高い丘の名前に由来し、“ラスコー“とはラングドック地方の古語(オック語)で“赤い石”という意味があります。
周囲は“ガリッグ”と呼ばれる潅木地帯で、タイムやローズマリー、松やオークが生い茂る南仏特有の風土です。
この石灰岩質の土壌と“ガリッグ“が、ワインにこの土地ならではのミネラルとハーブのようなニュアンスを与えています。

主なラインナップ

  • ドメーヌ キャヴァリエ (赤)

  • ドメーヌ  キャヴァリエ (白)

  • シャトー ド ラスコー (赤)

  • シャトー ド ラスコー (白)

  • シャトー ド ラスコー レ ノーブル ピエール

メールマガジン

新商品やお得なキャンペーンや、お手軽にワインを楽しめるレシピ情報を、毎月1回お届けします!メールマガジン登録

インフォメーション

  • 登美の丘ワイナリー見学へ行こう!

ワインを探す

色・タイプ

ボディー・味わい
国