チーズとワイン

毎月連載

チャレンジ!気軽にマリアージュ

カジュアルなワインとカジュアルなチーズの相性を、
担当:柳原が独断で評価します!!

第2回

2015年01月

明治
北海道十勝カマンベール 切れてるタイプ

チーズの味わい

上品な白カビと甘いミルクの調和のとれた香りや、柔らかな塩味と優しい乳の旨味のバランス感、しっとりとしたまろやかな味わいに、日本の風土を感じます。余韻の優しいキノコを思わせる旨味も魅力的。いつでも食べ頃のとろりと柔らかい口当たりや、一切れ分から手軽に味わえるパッケージなど、人気があるのも納得です。食べる30分程前に冷蔵庫から出しておくと、よりトロトロの食感を楽しめます。

明治<br>北海道十勝カマンベール 切れてるタイプ

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    3_5
    ドメーヌ バロン ドロートシルトボルドー レゼルブスペシアル(白) 2013
    味わい
    アロマ
    • グレープフルーツ
    • 白い花
    • ミックスハーブ

    味わいの前半と後半で印象がガラッと変わるマリアージュ。

    味わいの前半はワインの果実味がより集中度を増して、甘さとコクを感じさせるようになりました。チーズは、脇役に徹してワインの旨味を引き出す感じです。逆に後半はワインの味わいはやや拡散するような印象になり、少し苦味が目立つのに対し、チーズはグッと乳の旨味を出してくる印象です。全体を通してチーズの白カビの香りはあまり前には出てこず、乳の味わいが中心に感じられました。

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    4.5
    フレシネ ミーア(白)2013
    味わい
    アロマ
    • 白桃
    • マスカット
    • はちみつ

    チーズとワインのテクスチュアが一体化するマリアージュ。

    ワインとチーズの、共にまろやかなテクスチュアが同調するようで、食べていくうちにすっと一体化していくような安心感と懐かしさを感じるマリアージュです。豊かな桃系の熟した果実味や上品な白カビと乳の香りなど、チーズとワインの良い部分を共に引き出してくれるとても良い組み合わせだと思います。最後の少し香ばしくて甘い余韻を、是非ご体感下さい!

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    3
    タヴェルネッロランブルスコ ロッソ
    味わい
    アロマ
    • プラム
    • アメリカンチェリー
    • 赤い花

    不思議と梅干を連想させるマリアージュ。

    チーズと合わせる事で、ワインのイキイキとした酸とフレッシュな果実味が不思議と梅干を思わせるフレーバーを生み出しました。ボルドーの白との共通点として、チーズの味わいは後半にフワッと戻って来る印象です。やや甘味のあるワインなのですが、甘味よりも酸が目立つ結果になった事に驚きました。ワインの果実味は良く出る反面、酸が前に出てチーズのまろやかさが目立たないので、好みが分かれそうなマリアージュです。

  • 独断!マリアージュおすすめ度
    4
    ビニャ マイポレセルバ ビトラルシラー 2013
    味わい
    アロマ
    • ブラックチェリー
    • 黒胡椒
    • ベーコン

    まろやかで旨味を感じるマリアージュ。

    ワインにまろやかさが生まれ、ゆったりとした味わいになりました。濃密な果実味やスパイスのタッチは維持されるのですが、そこがチーズの旨味と脂肪分によって増幅され、さらにまろやかになる印象です。タンニンが滑らかに感じるようになり、チョコレートやチェリーリキュールなどのコクもしっかり出てきます。チーズがワインを活かすという感じではありますが、非常にオススメのマリアージュです。

チャレンジまとめ

前回よりも平均値としては高くなりました。まろやかな乳脂肪と、とろりとしたやわらかなテクスチュアがうまくワインと馴染んでいく感じがしました。またこのチーズは非常に優しい味わいで、熟成によるクセのある香りがないという事も、全体的な平均点の高さに影響していると思います。面白かったのは、酸がフレッシュなワインは、ややチーズのとろりとしたテクスチュアと対照的な部分があって、その部分(酸)が目立つ結果になったという事。個人的にはそれも嫌いではなかったのですが、素直なマリアージュを考えれば、それほど酸が高くなくて、とろりとしたテクスチュアのワインの方が落ち着いて楽しめるのかもしれません。今回は試していませんが、樽を使ったワインだと、コーヒー的な旨味が出て来るのではないかと想像します。ちなみに前回最下位だったサントリージャパンプレミアム甲州を、リベンジでこのチーズとも合わせてみました。ワイン単体で飲むよりも、かなり引き締まった味わいになり、なかなか面白いマリアージュでした。ただ、イチオシというわけではないので、このワインは次回も番外で試してみたいと思います。

■ 関連サイト
明治 北海道十勝(外部サイトへリンクします)

柳原 亮 (やなぎはら りょう)

ワインにのめり込んだのは、お酒とは関係のない業務のサントリーフーズ勤務時代。2013年のワインアドバイザー選手権では準優勝だったが、次回大会での優勝を目指して、日々ワインテイスティング、チーズ研究、食材研究に余念がない。お小遣いの総てをワインに投じる徹底したワイン愛好家。

(一社)日本ソムリエ協会認定シニアワインアドバイザー NPO法人チーズプロフェッショナル協会認定チーズプロフェッショナル 第9回(2013年)全国ワインアドバイザー選手権大会準優勝

チーズとワイン トップへ戻る

メールマガジン

新商品やお得なキャンペーンや、お手軽にワインを楽しめるレシピ情報を、毎月1回お届けします!メールマガジン登録

インフォメーション

  • 登美の丘ワイナリー見学へ行こう!

ワインを探す

色・タイプ

ボディー・味わい
国