個人投資家の皆様へ

数字でひも解くサントリー食品インターナショナル

私たちの事業や取り組みを
数字をつかってご紹介します。

環境

事業活動を通じて、
持続可能な社会の実現に貢献していきます。

天然水の森

9,000ha

サントリーグループが社会との約束として掲げる言葉「水と生きる」のもと、大学などの専門機関と連携して全国19カ所、9,000ヘクタール規模で水を育む森づくりのための「天然水の森」活動を展開しています。また自然の大切さを新しい世代へとつなぐ次世代環境教育「水育(みずいく)」など、未来にも目を向けた活動も行っています。

サントリーグループ全体の取り組み

サントリー天然水の森

水を大切にする活動

31
のうちの1社に選出
3年連続
CDPウォーター セキュリティ
Aリスト企業

水源涵養活動や工場での水使用量の削減活動などにおいて、「CDP」から高い評価を受け、「CDPウォーターセキュリティ2018 Aリスト企業」に選定されました。CDPは2010年より水リスクに関する情報の収集・分析を開始しました、今年は、全世界650の機関投資家(運用資産総額87兆米ドル)の賛同を得て調査が行われ、7,000以上の会社から気候変動、水資源、森林等に関する報告を受けています。当社は2018年の「Aリスト企業」31社の中の1社として認められ、3年連続で選定されました。

容器原料の取り組み

11.3g

の国産最軽量
ペットボトルを使用

サントリーでは環境負荷低減を目指した容器包装を取り入れています。2013年5月から、植物由来原料を30%使用した11.3gの国産最軽量(※)ペットボトルを、550mlに導入しました。これにより、従来品とくらべて石油由来原料の使用量を550mlペットボトル1本あたり約4割削減することができました。

※国産ミネラルウォーターペットボトル(500mℓ〜600mℓ)対象。2016年1月末現在。

容器原料の取り組み

よりおいしいもの、より愛される商品を世界のお客様へ。
私たちは、世界をリードする清涼飲料会社を目指して、
取り組みを続けていきます。

個人投資家の皆様へ トップページ
PAGE
TOP