SUNTORY THE COCKTAIL AWARD 2022 日本独自のカクテルの流儀を、世界に伝え、未来へつなぐ。

STATEMENT

文化資産としてのカクテル

誰もがインターネットによって様々な領域を越えて自由に情報を交換し、
世界がある意味でフラットな方向へと高速に変化し続ける現在。

欧米で誕生し、発展を遂げたカクテルという文化を、
日本で継承し進化させることの意味とは何でしょうか。

それは、日本独自のカクテルの流儀をこの国の「文化資産」と捉え、
よりよい形で継承していくということ。私たちは、そう信じています。

歴史という縦軸に、社会という横軸を取り込みながら、
ユニークな進化を遂げた“日本の洋酒文化”という遺伝子を、
世界に伝え、未来につなげていく。

それが、サントリー ザ・カクテルアワードの目指す姿です。

NEW IN AWARD 2022

  • 1

    事前オンラインセミナー

    サントリー ザ・カクテルアワード2022
    オンラインセミナー

    サントリーは1899年の創業以来、120年以上にもわたり日本に洋酒文化を発信、浸透させるべく、世界に愛される製品づくりをおこなってきました。ただ良い製品をつくるだけではなく、洋酒文化の啓発活動の一環として、1931年には国内初のカクテルコンクールも開催しています。
    本セミナーでは1994年から続く本大会に懸ける我々の想い、本年度の概要説明をお伝えするとともに、創業100周年を超えた大阪工場より中継し、創作のヒントとなるようなスピリッツ/リキュールセミナーを実施いたします。

    2022年630(木)14:00〜
    オンライン配信

    オンラインセミナーの応募は終了しました

  • 2

    ファイナル会場

    サントリーホール ブルーローズでの
    ファイナル開催

    サントリーは、芸術文化や学問の振興などによって生活文化の豊かな発展に寄与したいという思いのもと、生活文化企業を目指し、文化貢献に取り組んでいます。その象徴の1つであるサントリーホールにて開催することで、日本のカクテル文化も発信・継承して参ります。

    写真提供:サントリーホール

ORIGIN AND HISTORY

日本独自の洋酒文化の継承

サントリー創業者である鳥井信治郎は、ワインやウイスキーだけではない、華やかで多彩な洋酒の愉しみを日本中にお届けしたい、との熱い想いから、スピリッツやリキュール製品づくりに挑戦します。

さらに、信治郎は、「いいものを作らないと売れない。ただ、いいものを作っても、それを知ってもらわないことには売れない」という思想を強く持っていました。そうした姿勢が、洋酒文化を日本により根付かせるためのさまざまなPR活動への情熱や、バーという場や、語り部となるバーテンダーの皆様の存在を大切に考える態度へとつながっていきます。このような哲学は、今でもサントリーの文化に受け継がれています。

そうした中で1931年に始まったのが、カクテル アワードの起源ともなる、国内初のカクテルコンクールです。そこから「雪国」のような世界でも知られるカクテルが誕生していきました。

人々の暮らしが豊かになり、徐々にカクテルが日本の中に根付いていく中で、当初は海外から輸入した洋酒文化が、徐々に日本独自の発展を遂げていきます。材料を重ねていくことで表現を広げていこうとする海外のカクテルのトレンドに対して、日本人は「型」と呼ばれるような、少ない手数の中で細部に神を宿すような思想や技術を追求することを得意とします。そんな、日本らしい洋酒文化を継承し発展させていくため、1994年に「サントリー ザ・カクテルコンペティション」が開催されました。

以来、現在は「サントリー ザ・カクテルアワード」と名称を変え、今なお年に一度、日本で独自進化した「型」を発展させるべく、数多くのバーテンダーの皆様が腕を競う舞台となっています。