―サントリーならではの研究を体感せよ―

基盤研究インターンシップ2018 参加者の声

理系大学生・大学院生対象

2018年冬、自社の研究施設「サントリーワールドリサーチセンター」にて3日間インターンシップを実施。 12名の仲間とともに独自のテーマに取り組み、 サントリーの研究の幅広さ・奥深さを存分に体感してもらった。

1日目ラボツアー、座談会、研究紹介

  • ラボツアーは、少人数制で行われたことがとてもよかったです。実験を最大限に効率化するための研究設備の充実さを感じ、ここで働きたい!という想いが高まりました。

  • 座談会では社員の方がフランクに対応してくださったので、ざっくばらんに交流することができ、働くイメージが明確になりました。

2日目先輩密着

  • 実際にミーティングに参加させてもらう中で、良い意味でインターン生である私達に構わず、リアルな仕事の様子を体感できました。

  • 「先輩密着」では実際に手を動かすことができた点は、他の企業のインターンでも無い経験で貴重だった。ここで働くというイメージもできて非常に勉強になった。

2日目グループディスカッション

  • お客様目線で新たな価値を創造する難しさと楽しさを体感できました。普段の研究では意識しないようなコスト面、味、素材や印象など色々なことを考慮して商品化を進めなければいけないため、とても難しかったがその分やりがいも大きく、面白かったです。
    また、発表の後に経営層の方々からいただいたリアルなフィードバックは、今後に活かそうと思いました。

3日目最終報告会

サントリーの
インターンシップ
オススメポイント!

人が良い!社風が良い!と
いうのは本当でした。
なぜなら参加したら絶対この会社が
好きになると言い切れるほど、楽しくて
面白くてたくさん学べてとても充実した
インターンシップだったからです!
一緒に参加した他の11人も多種多様で
刺激のある人たちばかりで最終日には
好きになり、共に頑張りたい働きたいと
思ってしまうほどの
最高のメンバーと出会えます。

先輩密着や懇親会など
社員の方と、少人数で
密に接する機会が多いこと。
なんでも聞くことができた!

ただ受け身で学ぶだけではなく、
学んだことや気づきを発表する場が
非常に多く設定されており、

自身のアウトプットの質の向上であったり、
それがまたインプットの質の向上に繋がって、
良いサイクルでインターンに
取り組むことができると感じました。

企業の研究職というものを
肌で感じて学ぶことができる。

アカデミックとの違いを
体感することができた。

やってみなはれ精神を持った
エネルギッシュな社員の方々や
優秀で好奇心旺盛な学生たちから、
多くの刺激をもらえるところが
一番のおすすめポイントだと
思います。本気で
「変わらなきゃ、自分も頑張らなきゃ」と
思わせてくれる
インターンでした。