木のある生活
育林材の器

寄せて挽き出す
- 金指勝悦さんの世界 -

箱根の「金指ウッドクラフト」では、寄木細工という技で木の恵みと美しさを余すところなく器に生かそうと、日々鍛錬が続いています。
私たちは「天然水の森」の育林材を使ってコラボレーションを行い、伝統を未来のスタイルへと変貌させていく試みを模索しています。
動画は、天然水の森から産出された千変万化の材を一つの器に編み込んだ金指さんの器。森の樹木の多様性が一皿に凝縮した寄木ならではの作品です。

想いを寄せて、木を寄せて。

パリのディオールやニューヨークのカルバンクラインで販売されていた日本の器があります。世界を感嘆させているのは、小田原の木工技術と匠の技。
「ラ・ルース」はそこに木工場を構え、木の持つ多様な表情を活かしたデザインで、気持ちの良い暮らしを作っています。

一覧に戻る