東京大学
秩父演習林
プロジェクト

大学の研究と一体となった「天然水の森」。
森づくりには、まだまだわからないことがたくさんあります。
そういうときは必ず、科学に答えを求めます。

大学の研究や専門家の知識、そしてサントリーのこれまでの活動の知見、両者の力を合わせて、より良い森づくりをしていくために、「天然水の森 東京大学秩父演習林プロジェクト」をはじめました。

ここでしか見ることのできない森の姿や研究内容は、随時更新していきます。

森づくり最前線について知る

所在地 埼玉県秩父市大滝
面積 約2,502ha
協定年月 2011年7月
協定期間 5年(数十年にわたって更新予定)

東京大学大学院農学生命科学研究科附属演習林秩父演習林の一部を対象エリアに、研究と一体になった森林整備活動を実施するため、「天然水の森 東京大学秩父演習林プロジェクト」を協定。